NEW
beautyeditor.jp「日本の女性のために!」

なんとなく不調な“揺らぎ肌”…やってはいけないクレンジング術&角質強化のコスメ商品

文=大高博幸/ビューティ エキスパート、構成/beautyeditor.jp
【この記事のキーワード】

, , , ,

なんとなく不調な“揺らぎ肌”…やってはいけないクレンジング術&角質強化のコスメ商品の画像1

 10年ほど前から女性誌の記事で、たびたび見受けられるようになった“揺らぎ肌”というワード。しかし多くの方から、「なんとなく調子が乱れる不安定な肌という意味だとは思うんですが、その実、正体が不明」という声をよく耳にします。さらに、「揺らぎ肌の特集にはさまざまなコスメが多岐にわたって紹介されていて、自分にマストなアイテムを選び出すコトが難しい」という声も……。

 そこで今回は揺らぎ肌について、改めて取り上げてみました。

 そもそも揺らぎ肌とは、オイリースキン、ドライスキン、コンビネーションスキンのような肌質(生来のスキンタイプ)のひとつではなく、肌質を問わず生じる不安定な状態の肌(コンディションが乱れがちな肌)を意味しています。揺らぎ肌の語源は、「揺らぐ=揺れ動く、物事の基盤がぐらつく」。なぜか肌がパサついてメイクが浮いたり、乾いているのに毛穴が開いてテカッたり、妙に突然くすんだりという不快な思いを、多くの方が経験しているコトでしょう。

 その要因はさまざまで、季節の変化(特に近年の異常気象)・生理周期とその乱れ・生活リズムの乱れ・心身のストレス等が挙げられます。

 では、同じような状況に置かれているのに、揺らぎにくい肌と揺らぎやすい肌の人がいるのはなぜなのでしょうか?  ここが今回の話のポイントです。

 上記のような状況下にあっても、揺らぎにくい肌は、要因がもたらすマイナスの刺激に左右されない強いバリア(防御)機能を備えています。逆にバリア機能が弱い肌は、それらの要因に敏感に反応し、不調を引き起こしてしまうのです。

“バリア(防御)機能”とは?

 以下、話が少々複雑になりますが、ここで“バリア (防御)機能”について知っておく必要があるでしょう。

1)バリア機能を主に担っているのは、肌の表皮の最上部に存在する0.02mmの角層。そのわずか0.02mmの角層こそが、揺らぎにくい強い肌の鍵を握っています。

2)角層は、たとえて言うとレンガの壁のように、薄い角質細胞が14層ほど積み重なって存在しています。レンガの壁は、レンガとレンガの間に塗られたセメントによって接着され、丈夫な壁を築いていますよね。それと同じように、角層は角質同士が“細胞間脂質”によってつなぎ止められていて、外部からの刺激物質の侵入・攻撃を防ぐと同時に、肌内部の水分を貯水ダムのように留める働きをしています。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ