日を追うごとに冷え込みが増す季節だが、スーツ量販店も続々と秋冬アイテムを投下している。コロナ禍でテレワークが浸透したとはいえ、まだまだ出社することも多く、さらに自宅でのリモート会議でもフォーマルな格好が求められる場合もあるだろう。

 また、スーツ量販店でも近年はカジュアルファッションアイテムも販売しているため、スーツのついでに購入する人も多い。そこで今回は、そんな秋にピッタリなスーツ量販店のアイテムを5つ紹介していく(価格はウェブ税別価格)。

【nano・universe DESIGN】縦キルトダウンベスト/AOKI/4990円

 ユニクロの「ウルトラライトダウンベスト」によって、スーツの中にもダウンベストを着用することが浸透したが、AOKIからも独自のアイテムが登場だ。

 セレクトショップとして人気の高い「nano・universe」とのコラボアイテムであり、注目ポイントはスマートに見える縦キルトと、ジレらしい裾のカットだ。定番であるユニクロのそれは横キルトであるため、少々野暮ったく見えるが、縦キルトのおかげでスマートな見た目になる。

この秋、スーツ量販店で買うべき商品5選!新定番のダウンベスト、フリースジャケット…の画像1

 一番上のスナッフボタンを外せば深いVゾーンをつくることもでき、ジャケットインナーに合わせても違和感はまったくない。ネックに付いているゴムを利用してコンパクトに畳むこともでき、持ち運びも容易。また、中身もダウン素材を90%使用しているため保温効果も抜群だ。

TSC×Begin×UNIVERSAL OVERALL/コーデュラツイルジャケット/THE SUIT COMPANY/2万6000円

 シカゴの名門ワークウェアブランド「UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサル オーバーオール)」とスーツカンパニーがコラボしたジャケット。正反対なテイストに思われる両者のコラボを提案したのは、男性のモノ&ファッションを牽引する雑誌「Begin」だ。

この秋、スーツ量販店で買うべき商品5選!新定番のダウンベスト、フリースジャケット…の画像2

 寸胴のようなボックスシルエットを基本としているが、ウェストをわずかにシェイプさせ、今っぽいシルエットに落とし込んでいる。スリムすぎる最近のスーツに抵抗があるミドル世代でも安心して着られる一品だ。

 生地も上質のウールをブレンドしており、光沢感がありつつもソフトな肌触りを実現。摩耗強度に優れたコーデュラナイロンを混紡しているため、リュックなどを背負っても傷みにくい。

 ワークウェアとドレスウェアのいいとこ取りしたアイテムに仕上がっているが、流行も取り入れつつ攻めたデザインになっている。裏地のストライプ柄など細かい演出が光る、デキる男のおしゃれジャケットだ。

2アイレットチャッカブーツ/ブラック×スエード/SUIT SELECT/1万5000円

 カジュアルでもフォーマルでも、どんなシーンにも重宝するチャッカブーツ。特にスエード素材のアイテムは秋冬に大活躍するので、一足は持っておきたいところである。

 スーツセレクトのチャッカブーツはしっかりと牛革を使用しているため、上質感がにじみ出ている。また、接着剤で圧着させるセメントテッド式製法のため比較的雨に強く、重量も軽いので非常に歩きやすい。靴底は合成ゴムソールですべりにくく仕上げているのもありがたい。

この秋、スーツ量販店で買うべき商品5選!新定番のダウンベスト、フリースジャケット…の画像3

 しかも、安心のメイド・イン・ジャパンなので品質も折り紙つき。おしゃれは足元からと言われるように、いつもの革靴からチャッカブーツにするだけで周囲に一目置かれること間違いなしだ。

関連記事