【確認中】玉木宏主演『極主夫道』アニメ化はなぜいま発表された?激変するアニメ業界の悲しき事情の画像1
日本テレビ系で放送中のドラマ『極主夫道』。主演・玉木宏の原作再現度が高いと話題にもなったが、原作にはない設定が賛否両論を呼んだ。(画像は日本テレビ公式サイトより)

 現在日本テレビ系で毎週日曜22時半から放送中のドラマ『極主夫道』のアニメ版が来春からNetflixで配信される……とのニュースが、アニメファンの間で話題となっている。実写版放送中におけるアニメ化発表という事態が、「実写版にケンカ売ってないか?」というのだ。

『極主夫道』は、ウェブコミックサイト「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の同名マンガが原作。“伝説の極道”と呼ばれながらも結婚を機に“専業主夫”となった主人公・龍を玉木宏が熱演しており、そのコメディタッチの作風が受けたのか、10月11日放送の初回視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずのすべり出しとなった。

 10月25日に放送された最新回の第3話は、娘が通う学校のPTAの一員としてハロウィンパーティーに龍が参加することとなり、そこへ乱入してきた強盗犯を龍が成敗する……というストーリーであった。玉木演じる龍が披露した“極道風の桃太郎”コスプレがよかったのか、この回の視聴率は9.2%と、この時間帯にしては健闘してみせた。

原作ファンからの批判が巻き起こった、『極主夫道』の“実写ドラマ限定”の設定

 そんな実写版『極主夫道』の放送期間ど真ん中に飛び込んできた同作アニメ化のニュース。原作マンガの作者・おおのこうすけ氏はTwitterで、「アニメになるとは…感無量です。皆様本当にありがとうございます」と喜びのコメントを発表。しかしネット上では、「ドラマが放送されているタイミングでのアニメ化発表って、完全にケンカ売ってないか?」などと、このタイミングでの発表を疑問に思うマンガファン、アニメファンの声が続出。一般的にマンガ作品は、まずアニメ化され、しかるのちに実写化される……という順序が守られることが多いことも、こうしたネガティブな反応が押し寄せたことの背景にあるのだろう。

 また、実写版の放送開始前には、実写版『極主夫道』では龍・美久の間に娘がいる……という原作にはない設定が発表され、賛否両論入り乱れSNS上で大炎上してしまった。このことも、「わざわざ実写版の放送期間中にアニメ化が発表された」ことに対するファンのザワツキを拡大させてしまったことの背景にあるようだ。つまり、「大人気マンガの実写版にネガティブな声が多いから、急きょアニメ版の制作が決まった」ように見えたのだろう。

 事実、アニメ版の龍にベテラン人気声優の津田健次郎の配役が決定したことも、原作ファンからは好意的に受け止められたようだ。これは、ドラマ版放送前の昨年12月、原作マンガの単行本5巻発売記念として『極主夫道』の「実写PV」がYouTubeで公開され、このPVでは津田健次郎が龍を演じて大好評だったことを受けてのもの。実写版と違って原作ファンからも大好評だった津田の“続投”が決まり、ファンとしては「やっぱり実写版よりアニメ版のほうがいいよね」ということなのだろう。