NEW

IKEA、知らずに買うと後悔必至な5品…使い勝手が悪いフック、組み立てが難しすぎる棚

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
【この記事のキーワード】

, , ,

IKEA、知らずに買うと後悔必至な5品…使い勝手が悪いフック、組み立てが難しすぎる棚の画像1
IKEAの店舗

 スウェーデンで創業した世界的な大手家具メーカー「IKEA」。2020年からは日本の都市部への出店を開始し、6月8日には原宿店、11月30日には渋谷店がオープンし、さらに2021年春には第3の都市型店舗として新宿店の開業を予定している。

 IKEAは1951年以降毎年カタログを発行し、最盛期の2016年には2億部以上も配布された。だが、2019年のオンラインでの売上高が全世界で45%も増加するなどデジタルコンテンツの存在感が増していることを受け、2021年版をもってカタログ発行を終了すると発表。伝統に縛られないIKEAが今後どのような変革を遂げていくのか、要注目だ。

 そんなIKEAでは、優れたデザインと低価格を両立させた商品が数多く並んでいるが、なかには問題点を抱えている商品も存在する。そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、IKEAで販売されている商品をリサーチ。「この冬、買ってはいけないIKEAのアイテム」を5つセレクトした。あくまで調査班が独断で選んだものではあるが、広大な店舗での買い物の参考にしていただければ幸いである。

ALFTA アルフタ(粘着テープ付きフック フレーム用)/499円(税込、以下同)

IKEA、知らずに買うと後悔必至な5品…使い勝手が悪いフック、組み立てが難しすぎる棚の画像2 自宅の壁に大きめの写真や絵画を飾る際に便利なのが、後付けのフック。しかし、「ALFTA アルフタ」は、使い方によってはまったく役に立たないこともあり得る要注意アイテムだ。

 この商品はフォトフレーム用のフックで、耐荷重は2kg。フック2個と、フックを固定するのに使用する粘着テープ4枚のセットで、工具を使わずに簡単に取り付けられることと、粘着テープ下部のつまみを引っ張ることで簡単に取り外せることが利点として挙げられる。

 一見すると利便性の高いアイテムに思えるが、実はフックの引っかけるための部分が5mmほどしかなく、非常に狭いという欠点を抱えているのである。

 また、図解しか掲載されていない説明書がわかりづらいという指摘も少なくない。特に、取り外しの説明が簡素なものになっているため、今回、実際に購入して取り付け・取り外しを試してみたが、失敗して壁紙を?がしてしまった。もちろん、きちんと説明書を理解できなかった自己責任ではあるのだが……。吊り下げたいもののサイズによっては、別のフックを購入したほうがいいかもしれない。

KVISTBRO クヴィストブロー(リビングテーブル)/2999円

IKEA、知らずに買うと後悔必至な5品…使い勝手が悪いフック、組み立てが難しすぎる棚の画像3 リビングなどでソファーに身を預けているとき、飲み物や本などを置くための小さなテーブルが手元にほしいと思ったことはないだろうか。そんなシチュエーションにピッタリなアイテムが、リビングテーブルと呼ばれる低めのテーブルだ。

「KVISTBRO クヴィストブロー」は、IKEAで販売されているリビングテーブルのひとつ。毛布や本などを入れることができる収納スペースが付いていて、持ち運びがしやすいという機能性の高さが利用者から評価されており、価格もほかの商品と比較するとリーズナブルな設定になっている。

 しかし、ユーザーからは上部の板が重い、フローリングの傷を防止するためのテープがすぐ剥がれてしまうといった指摘も多い。家に小さい子どもがいる方や、床に傷をつけたくないという方は購入する際は十分に注意・検討したほうがいいだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合