セブン・ローソン・ファミマのコンビニ中華まん5選!スモークチーズ肉まんが衝撃の味の画像1
セブン-イレブンの店舗

 寒くなるとついつい食べたくなるのが、コンビニの「中華まん」だ。冬にピッタリの温かさで値段も手頃、しっかりと小腹を満たせてバリエーションも豊富な中華まんは、寒い冬を彩ってくれる。

 そんなコンビニの中華まんは、毎年各チェーンが新メニューを開発し、その年ごとの出会いがある商品だ。今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社の中で「この冬、絶対に食べるべき!」とおすすめしたい商品を5つ紹介しよう(価格は税込み)。

セブン-イレブン「スモーク薫る!チーズ肉まん」/140円

 ここ数年、チーズ入りの肉まんが増えているが、今年のセブンの「チーズ肉まん」は一味違う。なんと、桜チップで燻製した「スモークチーズ」を使用しているのだ。この商品は、他のセブンの中華まんと同じく、新宿中村屋が手がけている。ちょっと奇抜に思える具材でも、老舗ならではの技術で味をまとめてくるのはさすがといえる。

セブン・ローソン・ファミマのコンビニ中華まん5選!スモークチーズ肉まんが衝撃の味の画像2

 半分に割ってみると、スモーキーな香りが強烈に漂い、食欲を刺激する。チーズは、スモークチーズを中心に、ゴーダ、パルメザン、モッツァレラを使用しており、とても濃厚だ。コクのあるチーズと、スパイスやハーブ、そしてコショウがきいた肉フィリングが合わさると、思わず「ビールが欲しい……!」と感じるほどの衝撃を受けた。セブンが推す“おつまみ肉まん”を、ぜひ味わってみてほしい。

ローソン「あぶりチャーシューまん」/160円

 最近のコンビニ肉まんには、ひき肉をベースにした肉だねだけでなく、ごろっとした「ブロック肉」が入っている商品も増えてきている。特に今年ローソンから発売された「あぶりチャーシューまん」は、存在感のある大きめのチャーシューと、シャキシャキ食感のタケノコ、甘みのアクセントとなっている玉ねぎなど、さまざまな食材が絶妙なバランスで入っており、見た目以上に満足感のあるメニューだ。

セブン・ローソン・ファミマのコンビニ中華まん5選!スモークチーズ肉まんが衝撃の味の画像3

 肝心のチャーシューは豚バラ肉を専用の窯でつるし、あぶり窯焼きにしてつくられている。そのため、大ぶりなのにジューシーでやわらかく、食べ応えも申し分ない。甘じょっぱいタレが肉と野菜によくからみ、大人も子どもも舌鼓を打つ肉まんといえるだろう。小腹が空いたとき、おやつ感覚で食べるのにピッタリな中華まんだ。

ファミリーマート「CoCo壱番屋監修 チーズカレーまん」/130円

 数ある中華まんの中で「カレーまん」をレギュラーメニューとして取り扱っているコンビニは意外と少ない。見方を変えると、固定のメニューではないからこそ、毎年各社が趣向を凝らした商品を展開しやすいともいえる。

 今季のファミマのカレーまんは、カレーチェーン最大手の「CoCo壱番屋」が監修した本格派。CoCo壱の指定原料であるカレーフレークとカレーパウダーを使用した肉だねは、CoCo壱の「チーズカレー」をそのまま閉じ込めたかのような再現度の高さを誇っている。

セブン・ローソン・ファミマのコンビニ中華まん5選!スモークチーズ肉まんが衝撃の味の画像4

 CoCo壱といえば、辛さを「普通」から「10辛」まで選べることで知られているが、このチーズカレーまんの辛さはベーシックレベルで、そこに3種類のチーズがからむことでよりマイルドになっているので、程よい「ピリ辛」に落ち着いている。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合