NEW

キャンドゥ、この冬“買うと残念な”商品3選…便座カバーU型、冷水筒、カナル型イヤホン

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
キャンドゥ、この冬“買うと残念な”商品3選…便座カバーU型、冷水筒、カナル型イヤホンの画像1
キャンドゥの店舗

 日用品からアイディア便利グッズまで、その膨大な商品ラインナップと、お財布に優しい驚きの低価格が売りの100円ショップブランドは、今や我々の生活に欠かせぬ存在となりつつある。

 なかでも「キャンドゥ」は2013年にそれまでの企業イメージをガラリと刷新。白とオレンジが基調の現代的なロゴに変え、取り扱う商品もスタイリッシュさを打ち出すようになっていった。これにより“安かろう悪かろう”な100円ショップのイメージから一気に脱却した印象がある。

 こうしたイメージ戦略や、高い機能性を有する商品開発の甲斐もあってか、19年11月期決算は売上高712億9700万円を記録し、店舗数の面でみても20年の11月末には1065店舗を記録しており、業界でも有数のブランドとしてその地位を確かなものにしているのだ。

 しかし、そんなキャンドゥだが、なかには購入を少々ためらってしまうような微妙な商品があることも事実……。今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、例年に続きキャンドゥの商品たちを独自調査。「この冬、買ってはいけないキャンドゥ3品」を選び出した。

冷水筒 2.1L/220円(税込、以下同)

キャンドゥ、この冬“買うと残念な”商品3選…便座カバーU型、冷水筒、カナル型イヤホンの画像2

 寒さ厳しくなってきたとはいえ、家庭での食事シーンではまだまだ冷たいお茶を飲む機会も多いことだろう。だが、そこでキャンドゥの「冷水筒 2.1L」を買おうとしているのならば、少し待ってもらいたい。

 本品はワンプッシュで蓋が開き、2.1Lとたっぷりの容量を誇る冷水筒だ。一見すると値段も110円とお手頃価格でお買い得に思えるが、悩ましいポイントも多いのである……。

 ひとつ目は取っ手の隙間の狭さ。女性ならば問題ないかもしれないが、手が大きい成人男性などでは握りこもうとすると指の第二関節が引っかかってしまうのだ。その状態でも持つことはできるだろうが、2.1Lを持ち上げるには指先への負荷がかかりすぎるのだ。

 2つ目は、本体の耐熱温度が70℃と低めなこと。最近は水出しのティーバッグも売っているが、熱湯からつくろうとすると本体が変形してしまう危険性があるということだろう。さらに、ネット上では購入前に破損していたなどの報告もあるので、そのあたりを容認できるか見極めてからの購入をおすすめする。

finely便座カバーU型/110円

キャンドゥ、この冬“買うと残念な”商品3選…便座カバーU型、冷水筒、カナル型イヤホンの画像3

 寒さがしんと身に染みるこの季節、トイレの冷え込みは体に堪えるもの。とりわけ、キンキンに冷えた便座に座るのは冬の苦行のひとつと感じる人もいるだろう。そんなときは、暖かい便座カバーがおすすめだが、キャンドゥの本品には微妙な点も多いようだ。

「finely便座カバーU型」という名のこの商品は、U字型専用の便座カバーであり、ポリエステル製のフワフワした表面の毛並みのおかげで、冬の便座の冷たさを和らげてくれるありがたいアイテムである。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合