エースコック、なぜ麺なしカップ麺を発売?森永「チョコボールのなかみ」にハマる人続出の画像1
エースコックのプレスリリースより

 斬新なアイデアが採用された“変わり種フード”。今回は、本来ならあるはずのものを省いた“○○なし商品”を3つピックアップしました。“○○なし”と言われても理解できないかもしれませんが、実際に“麺のないカップ麺”や“チョコがないチョコボール”といったユニークなフードが販売されています。そんな常識を覆した人気商品をチェックしていきましょう。

麺の代わりに大量のワカメが!?

 最初に注目するのは、今年4月にエースコックから発売された「わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ/みそ味」(税別193円)。同商品は冒頭でも少し触れたように、“麺なし”を採用した変わり種のカップ麺です。

 エースコックのプレスリリースによると、「わかめラー まさかの麺なし」は“わかめ”だけを大量に入れた“やりすぎ”な1杯とのこと。実は昨年にも販売されていた商品で、発売後には「わかめのボリュームが半端ない!」「麺がないのに食べ応えアリ」と話題になっていました。

 再登場した“麺なしカップ麺”ですが、味の種類は前回と同じ“ごま・しょうゆ味”と、新たに追加された“みそ味”の2種類。“ごま・しょうゆ味”は魚介の旨味を利かせているのが特徴なのに対し、“みそ味”はカツオだしの旨みを活かしたテイストに。ちなみに、みそ味の開発には人気みそメーカーである「マルコメ」も携わっています。

「わかめラー まさかの麺なし」を購入した人からは「ボリュームたっぷりのワカメがクセになってやめられない」「ニューフェイスのみそ味も優しい味わいで最高においしい」など好評の声が後を絶ちません。

 カップ麺選びに悩んだ際は、大量のワカメが入った“麺なしラーメン”にトライしてみてはいかが?

スティック状のおにぎりが「食べやすい!」と話題

エースコック、なぜ麺なしカップ麺を発売?森永「チョコボールのなかみ」にハマる人続出の画像2
ローソン 公式サイト」より

「おにぎり」といえば“三角形の白飯に海苔を巻いたもの”が一般的ですよね。しかし、ローソンから発売された「スティックおにぎり」はその名の通り、スティック状に握ったニュータイプのおにぎりです。

 形の他にも「海苔を使用していない」というポイントが。実は“海苔なし”を気に入る人が多く、「コンビニおにぎりって袋から出すと、海苔がパラパラと落ちてくる印象。“スティックおにぎり”は海苔がないので、何も気にせずに食べられる」などの声が相次いでいました。

 4月には“ひれかつ”に甘めのソースを添えた「胡麻香るソースひれかつ」、とりから揚げに紀州産の梅肉を合わせた「梅しそチキン」(各180円)が新登場。筒状おにぎりの端から端まで具材が詰まっているため、一口目で具材の味わいをしっかりと堪能できます。

 購入者からは「ワンハンドで食べやすいのはもちろん、“ひれかつ”のテイストが意外と濃厚でGOOD」「『梅しそチキン』のさわやかな風味がたまらない」といったコメントも上がっています。

「チョコがかかってないチョコボール」が大好評!?

 ラストにピックアップするのは、昨年6月に森永製菓から販売された「チョコボールのなかみ」。“塩キャラメル味”と“塩バター味”(各108円)の2パターンを展開する同商品は、どちらも“チョコがけの工程”を省いているそうです。

 チョコがかかっていないピーナッツには、小麦粉と糖蜜をまぶして焼き上げる「おのろけ掛け」という加工が。そもそもチョコレートなどの甘いものを敬遠しがちな男性にも「チョコボール」を楽しんでほしいとの願いから開発された同商品。普通のチョコボールとは違って、おつまみに最適な“塩けのあるお菓子”にアレンジしています。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合