NEW

“人生が変わる”人脈づくりのコツ…より自分らしく幸せな人生を実現させるSNSの使い方

構成=編集部
【完了】人生が変わる人脈づくりのコツ…より自分らしく幸せな人生を実現させるSNSの使い方の画像1
河上純二氏(本人Instagramより)

 人間関係が希薄になったといわれるなか、2011年の東日本大震災などの大災害を経て、人と人の「絆」がクローズアップされることが増えた。また、新型コロナウイルスの感染拡大により他人と接触する機会が制限されると、人間関係の大切さがあらためて見直されるようになってきているように感じられる。

 人間関係は、生きていくために大切であることはもちろんだが、より幸せな生き方や働き方を実現させるためにも、重要な役割を果たす。

 6月20日に『10年後に活きる人脈のつくり方』(日本能率協会マネジメントセンター)を上梓した河上純二氏に、人脈のつくり方や人脈の活かし方などについて話を聞いた。

仕事につながる人脈づくりのポイント

――河上さんは、意図的に人脈づくりをしてきたのでしょうか。

河上純二氏(以下、河上) 振り返ってみたら人脈ができていた、という側面もありますが、次のステップに進むために何が必要かを考えながら、それに必要な人たちを探して自ら近寄っていった面もあります。つまり、半分偶然、半分必然といえますが、若いうちから計画的に人脈づくりをしておけば、さらに自分らしい幸せな生活にたどり着けると考えています。それを皆さんに早く伝えたいと思い、執筆することになりました。

――友達の数が多い方、SNS上でつながっている知り合いが多い方はよく見かけますが、そういった人間関係が仕事につながるケースはなかなかないように思えます。仕事につながる人脈づくりのポイントはどこにあるのでしょうか。

河上 「ワーク・ライフ・バランス」として人間関係においてもプライベートと仕事を分けている方が多いと思いますが、私はプロデューサー職だったこともあるかもしれませんが、昔から仕事と趣味に垣根がないと考えてきました。どこから仕事につながるかわからないと常に考えており、仕事と生活を一体ととらえる「ワーク・アズ・ライフ」が私のスタンスなのです。

――では、仕事や将来の自分の人生につながる人脈はどのように築いていますか。

河上 自分なりの人との距離を一気に近づけるキーワードを持つと、がぜん人との出会いの濃度が変わります。僕にとっては「アミーゴ」というキーワードでした。30代くらいまでは職場と家以外のサードプレイスの場で出会った方が仕事につながることはあまりなかったのですが、そこが変わったのは、自分なりの人との距離を一気に近づけるキーワード「アミーゴ」をうまく使って距離を縮められるようになったところにあります。

 当初は仕事以外で出会った方々を「アミーゴ」と呼んでいたのですが、40歳になる頃に仕事とプライベートの垣根を意図的に取り払い、仕事で出会った方も極力すぐに「アミーゴ」と呼ぶようにしたところ、サードプレイスで出会った方々がプライベートを越えてつながり始めたんです。すると、そこから仕事に突発的なアイディアや事業拡張案などが生まれてくるようになりました。

――河上さんは初対面の人との距離を詰めるのが上手ですが、相手が引いてしまうような場合はどうしているのですか。

河上 距離をつめるとはいえ、自分から一方的に寄せていっているのではなく、相手の気持ちを引き出していることのほうが多いんです。基本的には相手の話を聞き出して、向こうから近寄ってきてもらえるように努力しています。いわゆる、傾聴姿勢が大事だと思います。

『10年後に活きる人脈のつくり方○』 11社のIT企業の顧問として、人から指示されず、自分らしい幸せな働き方を実現した著者が実践してきた人脈づくりの技術を公開します。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合