NEW

教員間いじめの神戸教職員、相変わらずの隠蔽体質…児童への体罰指導を矮小化

文・写真=鮎川麻里子/フリーライター

教員間いじめの神戸教職員、相変わらずの隠蔽体質…児童への体罰指導を矮小化の画像1

 やはり神戸市の先生たちは、今でも懲りていないようだ――。

 2019年秋、神戸市立東須磨小学校で発覚した「教員間いじめ・暴行事件」は、すでに事件から2年という時間を経過しながらも、そのいじめの壮絶さ、そして加害教員4人のうち実行犯の2名が懲戒免職となる一方で、”女帝”と呼ばれた首魁の女性教諭と、使い走り格の若手教諭が、教諭の身分のまま神戸市教育委員会(以下、市教委)へと異動、2021年7月現在も「(神戸市教諭の身分のまま市教委にて)事務の仕事を行っている」「元気に勤務している」(市教委関係者)という後味の悪さから、多くの人たちの間で今なお記憶に残っている。

 さて、このいわゆる「神戸市教員間いじめ・暴行事件」の詳報や後日談は、すでにさまざまなメディアで報じられているのでそちらに譲るとして、この事件発覚から市教委による加害教諭への処分が下されるまでの間に浮き彫りになったことがある。

 それは、まるで昭和の時代を彷彿とさせる組織の隠蔽体質と徹底的に身内を庇う神戸市の教職員や市教委の組織風土だ。

 神戸市教職員OB・OGや、一般行政職として市教委に勤務経験のある神戸市職員らによると、神戸市では他の地方自治体では例をみないほど教職員が専門職集団として厚遇されており、神戸市教員OBの子弟は採用試験時も採用後も徹底して守られる傾向にあるという。元神戸市立小学校校長経験者は、その実態をこう話す。

「私らOBが若手教員時代、指導を受けた校長や有力教員の子弟となると、どうしても採用時から一目置く。採用後もそれは変わらない。一般の会社でも同じではないですか?」

 なるほど、こうして聞くと、先の「教員間いじめ・暴行事件」後の処分で、神戸市の有力教員の家系だという”女帝”が教壇には立てないものの、「神戸市教育職員」としてその職にとどまることが認められ、徹底的に庇われたことに納得がいくというものだ。こうした神戸市教職員たちの体質は、事件を契機になんら改められることなく今に続いている。

「熱心な指導」で知られる教諭は問答無用で児童を吊し上げ

「他の子見てみ、みんな頑張っとうで!なんで遅れたんや!!」

 2020年秋、神戸市立長田小学校(岡山隆志校長)では、X教諭が、学校で実施されている「朝の挨拶運動」の活動に遅れてやってきた児童を、大勢の児童が集まっている場において、約30分も立たせたまま睨み付け、大声で叱責。凄み、反省の弁を述べることを強要したという。感情に任せて怒るX教諭に児童は気圧され、怖くて何も言えなかったようだ。

「後で聞くと、この児童は、母親の体調が悪く、同じ小学校に通う妹の世話や家事を手伝っていたというのです。その事情を丁寧に聞き取りもせず叱りつけたというX教諭の指導は適切とはいいがたいです」

 こう語るのは、長田小関係者だ。この関係者によると、事件が発覚したのは今年5月に入ってからだという。

 児童は大きなショックを受け、また、先生から叱られたことで、自分が悪いことをしたという気持ちから保護者にその事実を話さなかった。そのため、偶然この事実を知った保護者が、先にも触れたように今年5月に学校側に事実関係の確認と共に、「これは体罰ではないか」との苦情を申し立てた。

 令和の時代、長時間立たせる、大勢の児童の前で吊し上げ目的の叱責を行うこと、これは体罰と認定される可能性が極めて高い。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合