NEW

パラ開会式に絶賛の嵐、五輪開会式の酷さ際立つ…「恥の上塗り」「発想の乏しさ世界に晒す」酷評も

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

パラ開会式に絶賛の嵐、五輪開会式の酷さ際立つ…「恥の上塗り」「発想の乏しさ世界に晒す」酷評もの画像1
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会のHPより

「東京五輪の開会式では、制作メンバーの過去の問題発言が次々と明るみになり、前日に急遽、楽曲が差し替えになるなど混乱の極みとなった。それを受け組織委は、パラリンピック開閉会式の制作メンバーを非公開にするという手段に出たわけですが、彼らのなかにはパラの開会式に携わったという実績を本業で仕事を広げることにつなげたいと考えている人もいるでしょうから、一律に非公開とすることには疑問の声もあります。そもそも、国民的な祭典に協力してくれたクリエイターたちの名前を伏せるなんで不自然ですし、彼らに失礼な話です。

 開会式の演出内容がどのような内容なのか、組織委内でも担当セクション以外にはまったく伝わってこず、上の警戒ぶりが伺えます」(東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会関係者)

「五輪の開会式なんて、どんな内容でも批判はあがるものですが、今回の酷評ぶりは予想以上でした。パラ開会式の準備は2年前から始まり五輪前にはがっちり固まっており、五輪開会式への反応を受けて大きく変更されることはありません。また、パラ開会式も制作の実行部隊は、五輪と同じく業務委託先である電通なので、基本的には似たような内容になるのでは。五輪から一転して絶賛されるような展開は誰も予想しておらず、組織委のスタッフはみな“消化試合”というムードです」(別の組織委関係者)

 24日、東京パラリンピックが開幕し、同日夜には開会式が行われている。全国的に新型コロナウイルス感染拡大が続き、開催地の東京都ではこの日だけで新規感染者が4220人に上った。医療逼迫が叫ばれているなかでの開催となり、厳戒ムードが漂っている。

 五輪の開会式をめぐっては、準備着手当初から直前まで波乱が続いた。

 2018年に狂言師の野村萬斎氏が演出総合統括に就任したが、20年12月に野村氏を含む演出企画チームは解散となり、野村氏は辞任。代わりに元電通のクリエイティブ・ディレクター、佐々木宏氏が総合統括に就任したが、タレントの渡辺直美を起用した“空から降り立つオリンピッグ”という侮蔑的な企画を提案していたことが発覚し、佐々木氏も辞任。さらに、制作チームのリーダーだった演出家のMIKIKO氏が、組織委の上層部によって辞任に追い込まれていたことも発覚。MIKIKO氏はTwitterで、本人に連絡がないままに別の演出家に交代させられていたことなどを明かした。

五輪開会式、多くの著名人からも酷評

 開幕が目前に差し迫った7月に入っても、問題が続出。開会式の楽曲担当、小山田圭吾氏(コーネリアス)が過去に雑誌のインタビュー記事で、同級生の障害者に“いじめ”を行っていたことを自慢するかのように告白していたことが発覚し、小山田氏は辞任。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合