NEW

吉野家・すき家・松屋、この秋ハマる人続出の商品6選!肉たっぷりの月見牛とじ丼

文=A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

吉野家・すき家・松屋、この秋ハマる人続出の商品6選!肉たっぷりの月見牛とじ丼の画像1
吉野家の店舗

 手軽に安価でおいしい牛丼を食べられる牛丼チェーン。大手3社の吉野家すき家、松屋といえば、訪れたことのある人も多いだろう。

 各社の今年度第1四半期の連結業績を振り返ってみると、昨年度の通年業績では赤字だった吉野家ホールディングスと松屋フーズホールディングスはプラスに転じ、すき家を展開するゼンショーホールディングスを含めた3社とも黒字となった。なかでも前年同期に63億円以上の赤字を出していたゼンショーは、今期12億円以上の黒字を出し好調だ。

 軌道に乗る牛丼チェーン各社は、秋も深まりつつあるこの時期に新商品をいくつか展開している。そこで今回は、この秋に買うべき牛丼チェーンのメニュー6品を厳選したので紹介していこう(価格は税込み)。

吉野家/月見牛とじ丼(並盛)/602円

 昨年、秋限定で販売した「月見牛とじ御膳」の好評を受け、吉野家は今年9月3日に「月見牛とじ丼」を新発売した。「牛丼」大盛と同量の牛肉と2 個分の溶き玉子を使用した、月見の季節にぴったりの贅沢な丼だ。

吉野家・すき家・松屋、この秋ハマる人続出の商品6選!肉たっぷりの月見牛とじ丼の画像2

 さっそくSNSでは称賛の声が出ており、“肉が大ぶりで牛丼より厚め”と納得のボリューム感をほめる声もあれば、“甘口のタレと玉子のまろやかさが相性バツグン”と味をほめる声も相次いでいる。

 実食してみると、その評判通り「牛丼」大盛ぶんの肉量はやはり圧巻のボリュームだ。「牛丼」の並盛ではちょっと物足りないという方でも、これ一杯で食べ応え十分だろう。肝心の味も、玉ねぎと玉子、タレが絶妙にからみあって美味。お月見をしながら本品を食べられれば、喜びは倍増するだろう。

吉野家/ねぎラー油牛丼(並盛)/505円

 今年2月に発売した吉野家の「ねぎラー油牛丼」。食べるラー油を和えた白ねぎを牛丼の上に乗せたピリ辛の商品だ。本品と同日に展開していた「ねぎ山椒牛丼」は残念ながらすでに終売してしまったが、本品は今のところメニューに残っていることからも人気が高いのだろう。

吉野家・すき家・松屋、この秋ハマる人続出の商品6選!肉たっぷりの月見牛とじ丼の画像3

 実際に、SNSでは“ラー油と牛丼は良く合うと思わせる一品”“ザクザクとした食感が美味”“ピリ辛好きにはたまらない”と、牛丼に乗せるトッピングとして最高だとほめ称える声が多い。

 実際に見てみると、想像以上にねぎラー油が多くて驚いた。これでもかというくらい、ねぎラー油を牛丼の上に乗せているのだ。食べてみると、その食感もザクザクと音が聞こえるほどで、気持ちいいくらいだ。かなりの存在感があるトッピング具材で、多くの方がハマるのは納得である。

すき家/豚丼(並盛)/380円

 続いては、2019年に販売終了して以来、2年ぶりの復活となるすき家の「豚丼」。牛丼チェーン大手3社のなかで、この2年間では豚丼といえば吉野家でしか売られていなかったメニューなのだが、このたびすき家が吉野家の独壇場を破ることとなった。

吉野家・すき家・松屋、この秋ハマる人続出の商品6選!肉たっぷりの月見牛とじ丼の画像4

 専用の特製ダレは、醤油ベースに針生姜を加えてさっぱりとした後味が特徴だそうで、SNSでは2年ぶりの復活を喜ぶとともに“やっぱりおいしい”と好評の声であふれている。トッピングも豊富でさまざまな味変を楽しめることからも、さっそく多くの人に馴染んでいる印象だ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合