NEW

コスパ抜群のファミマ“らしくない”フード…肉が少なすぎるオムスビは残念

取材・文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
コスパ抜群のファミマらしくないフード
ファミリーマートの店舗

「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というキャッチフレーズでもお馴染みの大手コンビニチェーン店、ファミリーマート

 8月2日から22日まで「お値段そのまま!! 40%増量作戦」というキャンペーンを開催しており、なんとホットスナック、お菓子、チルド商品など定番の人気商品20種類が、値段そのままに40%増量して販売中。太っ腹な企画で夏を盛り上げているのだ。それどころか、一部の報道では、実際は40%どころか60%や80%も増量している商品もあるようで、ファミマの気前の良さと熱意が伝わってくる。

 そんなサービス精神旺盛なファミマは、基本的には高コスパ、高クオリティの商品が多いものの、なかには微妙だと感じるものもある。そこで今回は“要注意なファミマ商品”を5品選んだので紹介していこう。

手巻寿司 ねぎとろ(青まぜ)/160円(税込、以下同)

【完了】コスパ抜群のファミマらしくないフード…肉が少なすぎるオムスビは残念の画像2

「手巻寿司 ねぎとろ(青まぜ)」は、片手で持ちながら食べられるワンハンドタイプの手巻き寿司だ。160円というお手軽な価格でねぎとろを食べられる商品なのだが、商品の評価を下げるような要素が散見された。

 まず、本品には青のりを混ぜた海苔が採用されているのだが、これがかなり好き嫌いの分かれる味になっていると感じた。青のりの特徴である磯感の強い風味が全面的に押し出されているため、普通の海苔を想定していると、びっくりしてしまうかもしれない。海苔自体はパリパリとした食感だったものの、生臭いと感じる人もいるかもしれず、万人ウケするとはいいがたい味わいだった。

 次に肝心のねぎとろだが、まぐろたたきにはとろける脂が乗っており、濃厚な味わい。ねぎもアクセントとして加えられているので、さっぱりとした風味も楽しめる。だが、まぐろたたき自体が少し脂っぽく、こちらも好き嫌いが分かれそうだ。

 わさびの量を増やせば脂のくどさは軽減したかもしれないが、実はネットなどでは、以前発売されていた前身商品は「わさびが多すぎる」と評価する人が少なくなかった。つまり、ファミマはそういった不評を参考に、わさびの量を減らすというマイナーチェンジを行ったのかもしれない。だが、逆に今回の「手巻寿司 ねぎとろ(青まぜ)」だとわさびが少なすぎて、まぐろの脂っぽさが前面に出てしまっているように思う。今後またマイナーチェンジされ、わさびが適量になれば美味しく食べられるかもしれない。

ベーコンエッグチーズバーガー/348円

【完了】コスパ抜群のファミマらしくないフード…肉が少なすぎるオムスビは残念の画像3

 8月2日に新発売された「ベーコンエッグチーズバーガー」。ふわふわのバンズに定番具材である目玉焼き、ベーコン、チーズ、パティを挟んだボリューム満点の一品だ。

 各々の具材のジャンクさが楽しめそうなバーガーだが、商品全体のバランスを考えると、少し残念に感じるところがあった。というのも、本品はケチャップの量が控え目であり、食べている途中は具材がバラバラになっているように感じられたからだ。

 そこで、市販のケチャップをかけたところ、悩みは解決。ケチャップの酸味にパティの肉々しさ、ベーコンの旨味、チーズの濃厚さが見事に絡まり、美味しくいただけた。元々のポテンシャルは高い商品なだけに、ケチャップの量をもう少し増やしてほしいと感じた人は多いのではないだろうか。

コスパ抜群のファミマ“らしくない”フード…肉が少なすぎるオムスビは残念のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合