NEW

『鎌倉殿の13人』中川大志演じる畠山重忠の正体…義理の祖父を殺し、義父に殺された男

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】, ,
『鎌倉殿の13人』中川大志演じる畠山重忠の正体…義理の祖父を殺し、義父に殺された男の画像1
鎌倉幕府の有力御家人、畠山重忠。「坂東武者の鑑」と呼ばれる愛されキャラで、謹直な人物であったと評されている。(画像は江戸時代の浮世絵師・歌川国芳による、鵯越えで馬を背負う重忠像【Wikipediaに掲載】より)

畠山氏とは?…秩父氏の流れをくむ、武蔵イチの名門一族

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、畠山重忠(演:中川大志)が暗殺されちゃうんじゃないかフラグが立っているとか、いないとか。ネットが心配している(まぁ、史実だから変えようがないけど)。

 畠山氏は武蔵国男衾(おぶすま)郡畠山(埼玉県深谷市)を本拠とし、坂東八平氏のひとつ・秩父(ちちぶ)氏の流れをくむ。

 秩父氏はその名の通り、武蔵国秩父郡(埼玉県秩父市)を本拠とする。平安時代には秩父牧(ちちぶのまき)といって、朝廷の馬を管理する牧があった。武士団に不可欠な良馬が確保できる土地だったわけである。のみならず、秩父は上野(こうずけ/群馬県)に抜け、東山道(とうざんどう/江戸時代の中山道)で京へ上るのに適していた。

 重忠の先祖・秩父重綱は武蔵国北部に勢力を拡げ、「武蔵国留守所惣検校職」(むさしのくにるすどころそうけんぎょうしき)となり、秩父・畠山氏が代々世襲したといわれる(そんな職はなかったとする説もある)。畠山重忠の祖父・秩父重弘(もしくはその子・畠山重能)が畠山を手に入れ、本拠にした。重弘は重綱の長男であるが、重綱より先に死去してしまったため、秩父氏の惣領は次男・秩父重隆が継いだ。そのため、重弘の子・畠山重能と秩父重隆の間に確執が起こった。

 ちょうどその頃、源氏でも源義朝(頼朝の父)と弟・源義賢(よしかた/木曽義仲の父)の間にいさかいが勃発し、それぞれ畠山重能・秩父重隆を味方に引き入れた。

 源義朝が下野守(しもつけのかみ/栃木県知事)となって関東に勢力を伸ばすと、父・源為義は義朝と不仲だったので、その勢力拡大を危惧。義賢を武蔵に派遣して秩父重隆の「養君」とし、関東南部に勢力を拡げようと画策した。一方・源義朝は三浦氏との間に生まれた源義平(よしひら/頼朝の異母兄)に南関東を任せ、義平は畠山重能と結んだ。両者の対立は、義平が叔父・義賢を急襲して殺害することで決着した。この合戦で秩父重隆も討ち死に。畠山重能が秩父氏惣領の座を奪還し、武蔵国内の最有力者となった。

畠山氏の婚姻関係とは?…畠山重忠の祖母は、“武蔵七党”として知られる名門・横山氏

 ここで、畠山氏の婚姻関係に触れておこう。重忠の父・畠山重能の妻は三浦氏、三浦義澄(演:佐藤B作)の姉妹に当たる。ただし後述するように、重忠の母は三浦氏ではなかったらしい。そして、重忠の祖母は横山氏である。

 横山氏は「武蔵七党」と呼ばれる有力武士団のひとつで、武蔵国多摩郡南部の小野牧(おののまき/東京都多摩市)を本拠としている 秩父氏と横山氏の拠点は、ともに牧に近いというだけでなく、交通上の要衝だった。東海道の相模(さがみ/神奈川県)から東山道に至るルートに、秩父氏と横山氏の拠点があるのだ。

 というわけで、横山氏は相模の有力者である梶原氏、三浦氏の支流・和田氏と婚姻を結んだ。梶原景時(演:中村獅童)の排斥に熱心だった和田義盛(演:横田栄司)は、妻を通じて義理の従兄弟となる。ちなみに、景時の弾劾状集めをしているところへ土肥実平(どひ・さねひら/演:阿南健治)が「そんなことはもうやめよう」と乱入。中心人物の三浦義村(演:山本耕史)はバツが悪そうに座を外すのだが、義村の正妻が実平の孫娘なのである。

『鎌倉殿の13人』中川大志演じる畠山重忠の正体…義理の祖父を殺し、義父に殺された男の画像2
坂東八平氏の一族・秩父重弘の子である秩父重能が武蔵国男衾郡畠山郷(現在の埼玉県深谷市畠山周辺)に所領を得て、畠山姓を称した。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合