NEW

「超近親配合」オルフェーヴル×ホエールキャプチャの初仔が誕生! 「レディファースト暴君」が運命のコラボ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
orufe.jpgG1競走6勝のオルフェーヴル(AC photoより)

 昨年5月に引退したホエールキャプチャが28日、初子となる父オルフェーヴルの牡馬を出産したことが分かった。毛色は母と同じ葦毛とのこと。

 ホエールキャプチャは父クロフネ、母父サンデーサイレンスという血統だが、オルフェーヴルの父もサンデーサイレンスということで「サンデーサイレンスの3×3」という、かなりの近親配合となる。稀代の名手牡馬、サンデーサイレンスの飽和を象徴するような配合ではある。

 近親配合というのは、俗に言う「奇跡の血量18.75%」の「3×4(もしくは逆)」に象徴されるように多くの名馬を生み出してきた歴史がある反面、奇形や気性難となるというリスクも内包している。「3×3」というのはさらに同血率が高いので心配ではあるが……。

 昨年フェアリーSを制したノットフォーマルを筆頭に、現状「サンデー3×3」の配合はさほど気性難ではない模様。ヴィクトリアマイルを制し牝馬クラシックでも好走したホエールキャプチャに、G1競走6勝、世界制覇にあと一歩まで迫ったオルフェーヴルの掛け合わせという点は非常に期待できる。ネット上でも「3×3ならまだ許容範囲では」「これは楽しみ」と好意的な意見も多い。

 そんな中、「産駒には芙蓉Sを走ってほしい」「なんか運命的な組み合わせ」という声がチラホラと上がっている。実はホエールキャプチャとオルフェーヴル、デビューした2歳時にその芙蓉Sで対戦しているのだ。

 結果はホエールキャプチャ1着、オルフェーヴルが2着となっている。ホエールキャプチャの完成度は2歳時から高く、オルフェーヴルはその凄絶なポテンシャルをまだ発揮していない状況での結果といえるだろう。

 現役時代からいわれてきたことだが、とにかくオルフェーヴルという馬は「女」に弱かった。「牡牝3冠対決」で盛り上がった12年のジャパンカップでは牝馬3冠ジェンティルにハナ差負け。2度にわたる凱旋門賞挑戦でも1回目がソレミア、2回目がトレヴとこれまた牝馬であった。他馬の戦意を喪失させるねじ伏せるようなパワーで大活躍したオルフェーヴルだが、暴君イメージのキャラクターの割に「妙にレディファースト」という点もまた、オルフェーヴルが人気を集めた要因の一端かもしれない。

 とにもかくにも「良血」であることには違いない。この産駒がターフを疾走する姿を早くみたいものだ。
(文=利坊)

「超近親配合」オルフェーヴル×ホエールキャプチャの初仔が誕生! 「レディファースト暴君」が運命のコラボ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!