NEW

【G1展望・ヴィクトリアマイル】「世代交代」か「復活」か……春の女王決定戦に最強牝馬が集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
vikutoria.jpg競馬つらつら」より

 春の女王の戦いヴィクトリアマイル(G1)に、今年も現役トップクラスの名牝たちが集結した。昨年は「3連単2070万馬券」という歴史に残る超高額配当が飛び出したが、今年はどうだろうか。

 主役を張るのは、昨年の二冠牝馬ミッキークイーン(牝4歳、栗東・池江泰寿厩舎)になりそうだ。

 前走の阪神牝馬S(G2)では久々のマイル戦が危惧されたが、クビ差の2着と上々の内容。G1馬として勝ち馬よりも2kg重い斤量を背負っていたことを考慮すれば「距離に死角はない」と述べても良い結果だろう。

 最大の焦点は、落馬骨折から今週復帰する浜中俊騎手が手綱を取る点。乗り慣れた主戦騎手であることは確かだが、ケガ明けとなる約3か月ぶりの騎乗でいきなりの大仕事はどうか。馬よりも人の状態を注意深く確認しておきたいところだ。

 もう一頭、主役級の評価となりそうなのが、昨年のジャパンC(G1)の勝ち馬ショウナンパンドラ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 こちらはマイルに目途を付けたミッキークイーンと異なり「1600mに大きな不安」が残る。しかし、そのミッキークイーンが8着に敗れた昨年のジャパンCで勝利しているだけに、その実力はここでは一枚上手。今年も超一線級が揃った大阪杯(G2)で3着に好走しているだけに、能力的な衰えはまったくないだろう。

 こちらはジャパンCを勝った池添謙一騎手が騎乗するが、池添騎手が主戦となる前は秋華賞(G1)を勝つなど浜中騎手が手綱を取っていた。そういった意味では浜中騎手にとって、まさに因縁のレースになりそうだ。

 今年になって重賞2連勝と完全に本格化したスマートレイアー(牝6歳、栗東・大久保龍志厩舎)が、一気のG1獲りを目論んでいる。

 これまでその高い能力には皆が一目を置きながらも、追い込んではわずかに届かないレースを続けていたスマートレイアー。今年初戦となった東京新聞杯(G3)で、まさかの逃げを打ち、見事重賞タイトル奪取に成功。続く、阪神牝馬Sでも女王ミッキークイーンを完封し「いよいよG1制覇も現実味」を帯びてきた。

 手綱を取るのは、逃げて絶好調の武豊騎手。昨年の香港C(G1)のエイシンヒカリに始まり、天皇賞・春(G1)のキタサンブラック、かしわ記念(G1)のコパノリッキーとG1を勝つ時はすべて逃げ切りと、逃げ馬に転身したスマートレイアーにとってこれほど頼もしい騎手はいないだろう。

【G1展望・ヴィクトリアマイル】「世代交代」か「復活」か……春の女王決定戦に最強牝馬が集結のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事