NEW

「武豊と凱旋門賞へ」ユタカ騎乗率約8割のこだわり馬主が挑む夢舞台! 「超大物」グランダルシュが凱旋門賞1番人気敗退という両親の無念を晴らす!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sarafina.jpgサラフィナ「JBISサーチ公式サイト」より

武豊さんと凱旋門賞に行くのが夢。そのために買いました」

 今からちょうど1年前のセレクトセール2015。一人の男が自分の壮大な夢を託して、一頭の仔馬を1億6000万円で購入した。

 その男とは、株式会社キーファーズの松島正昭氏。夢を託したのは2011年の凱旋門賞(仏G1)で1番人気になりながら7着に敗れたサラフィナの仔、グランダルシュ(父ディープインパクト)である。

 この松島氏、昨年からJRAで所有馬を走らせ始めた新米馬主だが、競馬界の帝王・武豊への”思い”はとてつもなく深い。

 これまで(7月2日まで)所有馬を29回出走させ、その内22回で武豊騎手を起用。さらに武豊騎手が乗れない時は、弟の武幸四郎騎手に依頼する徹底ぶり。先日の2日、ついに武兄弟以外となる藤岡佑介騎手が騎乗することとなったが、ここまで強いこだわりを持つ馬主はそうはいない。

 もっともまだ重賞を勝つどころか、オープン馬すら所有していない。だが昨年購入し、今年デビューを迎えるグランダルシュは、すでに関係者の間でも「超大物」と評判だ。

 母サラフィナは2010年の仏オークス馬。凱旋門賞でも2番人気に支持されて3着に入線し、その年のヨーロッパ最優秀3歳牝馬に選出されている。しかし、進化を発揮したのは古馬になってから。一流牡馬を相手にサンクルー大賞(仏G1)を勝利すると、凱旋門賞の前哨戦となるフォワ賞(G2)も連勝。その年の凱旋門賞で1番人気に推された。

 だが、世界最高峰の舞台で無念の7着敗退……この展開、”誰か”に似てはいないだろうか。

 そう、グランダルシュの父ディープインパクトもまた、自国で最優秀3歳牡馬に輝き、古馬になっても圧倒的な強さを見せた馬だった。何よりも凱旋門賞で1番人気に推されながらも無念の涙を飲んだ、世界中で毎年1頭現れるか現れないかの貴重な経験の持ち主だ。

 従って、このサラフィナの仔は生まれながらにして、凱旋門賞で両親の無念を晴らすことを宿命づけられた馬。そして、そんな仔馬を武豊騎手を敬愛する松島氏が購入し、「新凱旋門」と称されるパリの超高層ビルの名から「グランダルシュ」と名付けたのだ。

「武豊と凱旋門賞へ」ユタカ騎乗率約8割のこだわり馬主が挑む夢舞台! 「超大物」グランダルシュが凱旋門賞1番人気敗退という両親の無念を晴らす!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!