NEW

重賞穴馬データ~エルムステークス・関屋記念~

【この記事のキーワード】

, ,

sekiyakinenana.jpg

 先週行われた小倉記念(G3)では穴馬候補として推奨したベルーフが2着となった。今週の重賞レースは札幌競馬場で行われるダート重賞のエルムステークス(G3)とサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念(G3)。どちらも一筋縄ではいかない波乱含みの一戦、今回も過去の傾向から激走が見込める穴馬を見極めたい。

エルムステークス

 過去10年で1~3番人気による勝利が9頭と上位人気馬が勝ちやすいレース。それでも6番人気以下の人気薄は9頭の激走があり、2014年の三連単11万馬券を筆頭にそれなりの配当が飛び出している。過去10年で激走した人気薄馬の傾向は以下の通り。

・性別は牡馬のみで牝馬の人気薄激走はない

・年齢は5歳馬が中心で広げても6~7歳まで

・馬体重は472-510kgとやはり馬格のある馬が狙い

・前走着順は2~6着馬に注目

・前走レースは函館で行われたオープン特別か地方交流重賞

・前走距離は1700mが中心で1600m以下はマイナス

・前3走以内に1~3着の実績がある馬が対象

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

ヒラボクプリンス
———————-
前哨戦のマリーンステークス(函館・ダート1700m)で2着に好走。各項目にほぼ合致しており札幌コースも過去に経験済みで絶好の狙い目。

ナリタスーパーワン
———————-
7歳は多少マイナスだが他の項目に合致しており面白い存在。函館・札幌開催で好調の池添騎手が手綱を取るのもプラスだ。

 この2頭にモンドクラッセ、ショウナンアポロン、ジェベルムーサ、クリノスターオーといった実力馬を組み合わせた馬券が狙い所だ。

重賞穴馬データ~エルムステークス・関屋記念~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!