NEW

オルフェーヴル産駒・モカチョウサンがデビュー!! 良血馬にかけられた大きな期待と一抹の不安?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オルフェーヴル産駒・モカチョウサンがデビュー!! 良血馬にかけられた大きな期待と一抹の不安?の画像1

 史上7頭目の牡馬三冠馬オルフェーヴルの初年度産駒が、いよいよそのベールを脱ごうとしている。

 今年はオルフェーヴルのほか、2013年の年度代表馬ロードカナロア、欧州の超大物ノヴェリストなど種牡馬界の序列を塗り替える可能性を秘めた「大物」の初年度産駒が揃っている。すでにロードカナロアは産駒のステルヴィオ、ノヴェリストは産駒のヴァイザーがそれぞれ新馬戦で勝利。種牡馬としての初陣を飾った。

 そして満を持してオルフェーヴル産駒のモカチョウサン(牝2歳、美浦・中舘英二厩舎)が、24日の東京競馬場の第5レース(芝1600m)に出走予定。オルフェーヴルの種牡馬価値が試されるとあって注目されている。

 モカチョウサンの母馬は2007年の毎日王冠を制したチョウサン、母父がダンスインザダークだ。また5代血統表を見ると、【サンデーサイレンスの3×3】【サッカーボーイ=ゴールデンサッシュの3×3】【ノーザンテーストの5×4×5】など多数のインブリードが発生。一部からは"血が濃すぎる"とささやかれるほど、名馬の血が流れている。

 そのモカチョウサンは21日、美浦ウッドで最終調整。追いかけ併入で強めに追われて6ハロン86秒0-70秒0-55秒1-40秒1-13秒2のタイムを記録した。見守った中舘調教師は日刊スポーツの取材に対して「掛かり気味に行くくらい気性は前向き。まだ緩さがあって本当に良くなるのは先だが、新馬としては順調」と手応えを感じている様子。なお、鞍上は吉田豊騎手が務める予定だ。

オルフェーヴル産駒・モカチョウサンがデビュー!! 良血馬にかけられた大きな期待と一抹の不安?のページです。GJは、競馬、オルフェーヴルモカチョウサンロードカナロアの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!