NEW

天皇賞サトノアラジンの距離不安は「ゼロ」!? 陣営の「超絶自信発言」とオーナーのひと目惚れ

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞サトノアラジンの距離不安は「ゼロ」!? 陣営の「超絶自信発言」とオーナーのひと目惚れの画像1サトノアラジン(競馬つらつらより)

 29日の天皇賞・秋(G1)で、悩ましい1頭といえるのがサトノアラジン(牡6 栗東・池江厩舎)だ。

 昨年5歳にして初めて重賞を2勝すると、今年に入ってからは初戦の京王杯スプリングCこそ9着惨敗も、本番の安田記念では上がり33.5の鬼脚を駆使してG1初制覇を遂げる。春のマイル王として秋初戦に挑んだ毎日王冠では、距離延長が不安視されたものの、上がり最速32.6の末脚を披露し、リアルスティールとの叩き合いの末2着。1800mでもトップクラスにあることを示した。

 さあ、次はいよいよ天皇賞の2000m。1800mで好走したとはいえ、さらに200m伸びたらどうなるのか……。2000m以上を走るのは一昨年の香港C以来で、国内では2014年の菊花賞にまでさかのぼる。さすがに疑いの目が向けられてしまうが……。

「東京適性は確かですし、いよいよ充実期に入った今なら2000mもギリギリこなせるんじゃないでしょうか。もちろん全幅の信頼とはいきませんが、もともと里見治オーナーと陣営がひと目惚れした馬ですし、期待は非常に高いです」(現場記者)

 陣営もオーナーも非常に期待しているサトノアラジン。確かに毎日王冠の末脚は非常に鋭く、良馬場であればキタサンブラックら強豪の喉元に刃が届く可能性もあるかもしれない。

 そして、何より陣営が自信満々だ。

「『コーナーが少ない』ということで、東京競馬場の距離延長ならまったく心配ないと断言していたようです。前走の走りを見れば確かにそう思っても不思議ではありませんよね。サトノアラジンとしても今後の種牡馬入りを見据えると違う距離での勝利は大きな価値につながります。あとは枠順ですかね」(同)

 外枠での好走歴が非常に多いサトノアラジン。あとは運が向くだけといったところか。

天皇賞サトノアラジンの距離不安は「ゼロ」!? 陣営の「超絶自信発言」とオーナーのひと目惚れのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々