NEW

JRA国枝師「アーモンドアイ馬なりで勝ってほしい」ドバイ挑戦絶大なる信頼。秋の「夢」に向かい、新たな歴史を刻む!?

【この記事のキーワード】

, ,


「国枝調教師は『とりあえず凱旋門賞行ってみようかではなく、ヨシッという気持ちを持って行きたい』と、出走するなら勝ちを狙える状況で行きたいと語っています。

また、アーモンドアイの能力に関しても『まだ走れる』『まだ上がある』という気持ちでこれまでのレースを経験してきたようです。そして今回もそういう気持ちにさせてほしいと。最後には『できたら馬なりで勝ってほしいよなあ(笑)』とすら語っています。アーモンドアイへの信頼は絶大ですね」(競馬誌記者)

 あくまでもここは、秋の「夢」に向けた通過点。国枝調教師のアーモンドアイへの期待はそれほどまでに大きい。

 とはいえそこは世界の舞台。そう簡単な話ではない。

「ブエナビスタやジェンティルドンナなど、近年の名牝はいずれもドバイに挑戦していますが、2頭とも最初の挑戦は2着止まり。ジェンティルドンナは翌年に雪辱しましたが、やはり世界の壁はそうそう低くはないと見るべきでしょう。ヴィブロスが一昨年のドバイターフを勝っていますので、そこは好材料ですが……。

JRA国枝師「アーモンドアイ馬なりで勝ってほしい」ドバイ挑戦絶大なる信頼。秋の「夢」に向かい、新たな歴史を刻む!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!