NEW

「アーモンドアイVSエネイブル」世界最強馬決定戦を海外メディアも熱望。日本の「悲願」に超えるべき壁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「アーモンドアイVSエネイブル」世界最強馬決定戦を海外メディアも熱望。日本の「悲願」に超えるべき壁の画像1

 日本時間3月30日深夜に行われた「ドバイワールドカップデー」。今年の主役はメインのドバイワールドカップ出走馬ではなく、ドバイターフのアーモンドアイ(牝4 美浦・国枝栄厩舎)だった。

 昨年の牝馬三冠、さらにジャパンCを衝撃の世界レコードで制した日本の女傑に、世界も熱視線を送っていた。それに期待するかのように、レースでアーモンドアイは抜群のスタートから中団外を確保。この時点で「勝負あり」の状況を作ると、直線では馬なりで先頭に。鞍上C.ルメール騎手が後ろを振り返る余裕を見せた後、ムチを数発振るっただけであっさり勝利。2着ヴィブロスもよく詰め寄ったが、永遠に詰まることがなさそうな、まさに「役者が違う」レースぶりだった。

憎らしいほどに余裕しゃくしゃくのレースぶりに、海外メディアも舌を巻いた。

英専門誌「レーシングポスト」は「アーモンドアイがここ(ドバイ)でロンシャン競馬場、そしてエネイブルと勝負へ の一歩を力強く刻んだ」と、今後関係者や日本競馬ファンが熱望する秋の仏・凱旋門賞挑戦、さらには「凱旋門賞連覇」「同一年欧米ターフ王者」と世界最強の名を欲しいままにしているエネイブル(牝5 英国)との直接対決を期待するコメントを発表。豪の女傑ウィンクスとともに「世界三大牝馬」といわれるアーモンドアイが、その評価をさらに高めることとなった。

「『レーシングポスト』はさらに、『日本馬では2006年のディープインパクト以来のワクワクを与えてくれる馬』と、2005年に牡馬三冠を達成、翌年凱旋門賞に挑戦(3位入線、その後失格)となったディープインパクト以来の衝撃を語っています。ディープの挑戦の際には『今年は(日本馬に)勝たれても仕方がない』というムードだったといいますし、アーモンドアイがその領域にいると評価されているのでしょう。

「アーモンドアイVSエネイブル」世界最強馬決定戦を海外メディアも熱望。日本の「悲願」に超えるべき壁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!