NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

北海道地震で改めて認識…断水に備えて絶対に買っておくべき防災グッズ・リスト

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6日に発生した北海道地震をはじめ、今年、日本は台風や地震、豪雨など多くの自然災害に見舞われていますが、みなさんは災害時に備えて水をどれくらい備蓄しているでしょうか。水の確保は災害時の最優先事項のひとつとされています。内閣府が発表している、首都直下地震等発生時の被害想定によれば、上水道の復旧目標日数は30日となっています。

 首相官邸のHPによると、飲料水は1人3日分、1日3 Lが目安なので9Lを常備しておくべきとされています。2Lのペットボトルだと5本くらい、家族4人ならその4倍となります。2L×9本入りの1ケースはだいたい1000円前後で買えますので、家族4人なら2ケースで2000円程度です。

 ただ、これは3日分なので、上水道の復旧に30日かかると想定した場合、この10倍となる360L、2Lペットボトルにすると180本も必要になります。お風呂に溜めても、2日経つと菌が増殖して飲み水には使えません。トイレも下水道が壊れていれば使用できないので、トイレ用としても使えません。仮に4人家族だと、2L×9本入りが4ケースあれば1週間程度持つといわれているので、それくらいは備蓄するのが現実的かもしれません。

 アマゾンのプライム会員なら、送料無料で宅配してくれます。ちなみに、サントリー食品インターナショナル「南アルプスの天然水」(2L×9本)は税込み1224円程度(9月9日現在)と、1本当たり136円で買えます。

「南アルプスの天然水」(「Amazon HP」より)

 水は家の中で保管して、一定のサイクルで古いものから消費しつつ購入して補充していけば、廃棄せずにすみます。

 人間は体の60%くらいが水分です。水分を摂取しなければ数日で死亡する可能性があります。水は飲むだけではなく、料理に使ったり、顔や手を洗ったりするので、1日3L以上使うと考えるべきです。ちなみに、顔や手を洗ったりする際、殺菌ジェルが有効な代替手段となります。

水のいらないドライシャンプー


 水道も電気もない状態ですと、体も汗をかいて髪を洗いたくなります。そこでお勧めなのが、リンスインドライシャンプーです。

(ピジョン「ハビナース 清拭料泡タイプ」「同 リンスインドライシャンプー、筆者撮影)

 もともと病気でお風呂に入れない方用として、病院の売店などでも売っていますが、髪につけてタオルで拭くというものです。体を拭くものとして濡れタオルなども用意されておくとよいです。
(大一紙工「ボディウエットスティックタオル 特大サイズ」、筆者撮影)

 いずれにせよ、災害はいつやってくるかもわからないので、日頃の備えを心がけるべきでしょう。

(文=山本康博/ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役)

※本連載の過去記事はこちらから

●山本康博(やまもと・やすひろ):
ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、日本たばこ産業、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品は計算すると3割以上、マーケティング実績30年以上。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out:a ninja in Japanese brand marketing』 (BVC)など。

北海道地震で改めて認識…断水に備えて絶対に買っておくべき防災グッズ・リストのページです。ビジネスジャーナルは、連載、北海道地震台風災害の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事