NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

甘いものやジャンクフードが、なぜか「欲しくならなくなる」簡単な方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 甘いものを代表とするジャンクフードストレスが溜まっているときや疲れているときは特に食べたくなるもの。「甘いものが食べたいってことは、脳が糖分を必要としているってことだから、食べていいんだよ!」などと、ちょっと科学的に聞こえる、まことしやかな大義名分を用意して、多少の罪悪感にかられながらも食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

 でも本当に脳が欲しているから食べたくなるのでしょうか? 実は、そうでもなさそうだということを示す研究があります。

 カナダのウォータールー大学のロウらの研究チームは、ジャンクフードを食べたいという気持ちになってしまう原因は、脳の機能低下にあるということを明らかにしました。被験者らの左の背外側前頭前皮質の機能を一時的に低下させると、カロリーが高い食べ物を欲するようになるだけでなく、実食においてもジャンクフードを食べる傾向がありました。

 背外側前頭前皮質という脳の部位は、いわゆる前頭葉の前側にあり、ワーキングメモリ、注意・集中力、判断力などと関係があります。脳は中心に行くほど原始的な動物に近い働きになり、外側に行くほど人間らしい脳になっていきます。前頭葉はまさに人間らしい脳で、脳の中心のほうで沸き起こってきた感情を抑制する働きがあります。したがって、その機能が低下すると、普段は「悪いからやめよう」「我慢しよう」と思っていることについて判断が鈍り、我慢ができなくなってしまうのです。

 そして、この背外側前頭前皮質の機能低下は、ストレスが原因でも起こります。つまり、ストレスがたまり、脳の背外側前頭前皮質の機能低下が生じると、普段身体に悪いからやめておこう、我慢しようと思っているジャンクフードについつい手が伸びてしまうわけです。ストレスがたまりがちな忙しいときには、時間もかからないファストフードなどのジャンクフードが手軽でいい、というのも拍車をかけているのかもしれませんね。

 また、この研究のなかで気になるのは、特に女性にこの傾向が強いとの結果が出ている点です。ジャンクフードのなかでも、女性はミルクチョコレートやポテトチップスを欲しがるようになったとの結果が出ています。これは、普段は美容や健康のため、抑制しているものを欲しがる、という点からも納得がいきますね。

 ジャンクフードを求めてしまうのは、結局、脳が必要としているのではなくて、欲望を制御する脳の機能が低下しているからということですが、どちらの場合にせよ、「自分が悪いんじゃなくて、脳が悪いんだ」ということには違いないようです。

甘いものやジャンクフードが、なぜか「欲しくならなくなる」簡単な方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事