NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

スマホの自撮り行為だけで幸福感向上との研究結果…インスタ等へアップしなくても

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 スマートフォンや携帯電話に内蔵されたカメラもどんどん進化していて、一昔前のデジカメなんて目じゃない高性能な機能のカメラが備えられているものも少なくありません。そして、1人1台携帯を持ち歩く時代。カメラもいつも携帯している状態になっていますから、美味しい料理、素敵な景色、好きなもの……そういったものに出くわしたとき、すぐに携帯を取り出して、その場でパチリと思い出を記録できる、素晴らしい時代になりました。

 InstagramFacebookなどのSNSを見ていると、自撮りの写真や美味しそうな食べ物の写真、そして自身の趣味に関する写真などをアップロードして、公開している人たちで溢れています。

 人がSNSに上げている写真などはぼちぼち見るけれど、自分の写真などをSNSにアップロードするのは気が進まないし、そもそも写真自体、ほとんど撮らないという方も少なからずいると思います。もちろん、それは個人の趣向ですから、非難されるべきことでもないし、問題でもありません。

 ただ、そういう写真を撮っている人たちって、なんとなく幸せそうに見えませんか?

 実際、携帯やスマホで写真を撮るのは、心の健康の観点からは実は良いという研究があります。

普段の撮影者自身の笑顔も増加

 アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校のチェンらが行った実験によると、41人の被験者を集め、それぞれ以下の写真を撮るグループに分けました。

笑顔の自撮り写真
自分がうれしくなる物の写真
他者を喜ばす物の写真

 被験者には、毎日1枚ずつ4週間にわたって、それぞれ与えられた課題の写真を撮影してもらいました。3週間を過ぎた頃には、これらのどのグループもポジティブな感情の増加が観察されました。つまり、まずは(SNSに上げずとも)写真を毎日撮ることだけで、幸福感が増すことがわかったのです。

 それらのグループのなかでも、特に自分の笑顔を撮影したグループが一番ポジティブな感情が増え、次に自分がうれしくなる物の写真を撮ったグループ、続いて他者を喜ばす写真を撮るグループの順でポジティブな感情の度合いが高くなったということでした。

 ちなみに、笑顔の自撮りを撮っていたグループは、普段の撮影者自身の笑顔も増えたということでした。自分がうれしくなる写真を撮ったグループは思慮深さに富むようになったそうです。そして、他者を喜ばす写真を撮ったグループは、家族や友人との関係が自身のストレスの軽減につながると感じるようになったということでした。

スマホの自撮り行為だけで幸福感向上との研究結果…インスタ等へアップしなくてものページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事