NEW

「女性ウケも男性ウケも気にしてない。自分はROLANDでありたいだけ」“現代ホスト界の帝王”が語る美しさと全身脱毛の哲学

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ROLAND

「美容男子」が増えている。2018年度のメンズコスメ市場は1200億円規模に到達し、右肩上がりで成長中だという調査データもある。価値観が多様化するなか、男性のメインストリームは、「強さ」より「美しさ」に向かっている。りゅうちぇる、kemio(けみお)といった中性的なカリスマが生まれた背景にも、こうした美意識の変化が影響しているのかもしれない。

 そんななか、メンズ脱毛サロンのプロデュースをスタートした人物がいる。“現代ホスト界の帝王”ROLAND。「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」の決め台詞でブレーク中のあの男だ。

 サラサラのブロンドヘアにバッキバキの腹筋。ホスト時代に最高で月6000万円を売り上げた男は、「くだらないSNSを見ているくらいなら、鏡を見ているほうがいい」と言い切る。2018年末に現役ホストを引退し、実業家に転身した彼の「美意識」に迫った。

「情熱を感じられること以外は仕事にしないと決めた」


――美容サプリやヘアケア製品のプロデュースのほか、メンズ脱毛サロンROLAND Beauty Loungeを経営しているそうですね。なぜまた脱毛だったんでしょう?

「かねてから美容には興味があったんでね。ホストを引退してからは、やりたいこと以外やらないって決めたんですよ。情熱を感じられること以外は仕事にしないと。で、何をしようか考えたときに、メンズ美容なら最高のものをめざせると思ったんです。なかでも脱毛って、まだまだメンズでは馴染みがないから、スタンダードになったら面白いなと思って」

――ROLANDさんも全身脱毛しているそうですね?

「そうですね。自分自身、日本一のホストをめざす過程であらゆる施術を試しました。脱毛って、やっぱり痛いんですよ。人生を生きていくなかで、犠牲なくしてリターンはないと思って耐えてきたんですけど、探しているうちに、痛くなくて効果も高い脱毛方法を見つけて、これならば自信を持ってすすめられると思ったんです」

――それで、自ら脱毛サロンをプロデュースしてしまったと。

「そういうことです。ただ、今の時点では、ほぼ営利目的じゃないです。自分が行きたいサロンがないから、つくってしまっただけ。ここから新しい市場ができればいいなと。それでも自分の名前を冠してやる以上、まがい物を出すようなバカなことはしたくない。そこで、脱毛の機械は最高品質のものにこだわりました。値段は言えませんが、相当高価です」

 ROLAND Beauty Loungeで使用している美容脱毛機Lumix-A9は、「SHR方式」という脱毛方法を採用。毛周期に関係なく施術が可能で、痛みも少なく、施術期間も短縮できるのだとか。“現代ホスト界の帝王”に「コレだ」と言われると思わず納得してしまう。

「この世にいい男がいなかったら誰が20万円のピンヒールを買う?」


――男が脱毛するメリットって、なんでしょう? メンタルも変わったりするとか?

「じゃ、聞きますけど、ムダ毛があってよかったと思うことって今までの人生でありますか? マイナスしかないですよね。こんな話があります。僕の知り合いに腕のいい料理人がいるんですけど、スタッフが足りないときに料理を自分でカウンターに出したら、腕の剛毛のせいで『不潔だ』ってクチコミサイトに書かれたらしいんです。でもわかりますよね?」

「女性ウケも男性ウケも気にしてない。自分はROLANDでありたいだけ」“現代ホスト界の帝王”が語る美しさと全身脱毛の哲学のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ROLANDサロンホスト美容脱毛の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事