NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

IQOSなど加熱式タバコ、WHO「健康上のリスク軽減せず」…従来のタバコと同じ有害物質

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IQOSなど加熱式タバコ、WHO「健康上のリスク軽減せず」…従来のタバコと同じ有害物質の画像1
「Getty Images」より

 

 IQOS(アイコス)など、いわゆる加熱式タバコに対する規制が強化されることになりそうだ。加熱式タバコは紙巻タバコなどに比べて有害性が少ないと思われているが、7月26日、WHO(世界保健機関)は「喫煙に関する世界各国の規制状況について」の報告書を公表し、「加熱式タバコは、従来のタバコと同じ有害物質が含まれることには変わりなく、必ずしも健康上のリスクを軽減させることにはつながらない」と指摘、従来のタバコと同様の規制を設けるべきだと提言した。

 同報告書では、公共の場での喫煙禁止、受動喫煙対策、タバコ税の導入など、なんらかの喫煙規制を導入している国は2年間で15カ国増え、136カ国となったと評価した。加熱式タバコについては、「従来のタバコと同じ有害物質が含まれていることに変わりはなく、受動喫煙の有害性も否定できない」とした。その上で、加熱式タバコの規制が国ごとに異なる点を挙げ、従来のタバコと同様に規制すべきと指摘した。

 WHOはすでに2003年5月に「タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約(タバコ規制枠組条約) 」を採択している。タバコ規制枠組条約は、喫煙が健康・社会・環境及び経済に及ぼす悪影響から、現在及び将来の世代を守ることを目的としており、日本も条約を締結しており、2005年2月27日から条約が発効している。主な条約内容は以下のとおり。

(1)受動喫煙の防止

(2)タバコ製品の主要な表示面の30%以上を健康警告文に充てる

(3)タバコの広告、販売促進および後援(スポンサーシップ)を禁止または制限する

(4)未成年者に対するタバコの販売を禁止するため効果的な措置を取る

 日本でも、タバコに対する規制の強化により、喫煙者は大幅に減少。厚生労働省の「国民健康・栄養調査結果の概要」によると、現在習慣的に喫煙している人の割合は、2017年度時点で 17.7%(男性が 29.4%、女性が 7.2%)となっており、低下傾向が継続している。

 半面、欧米では専用の液体カートリッジを加熱し、発生する蒸気を吸引する「電子タバコ」が若者を中心に広がりを見せている。電子タバコは、煙を吸わないため、タールといった発がん性物質が体内に蓄積しないと思われており、ネット通販などで電子タバコとカートリッジをパッケージ購入できることもあり、若者層へ浸透しているようだ。

IQOSなど加熱式タバコ、WHO「健康上のリスク軽減せず」…従来のタバコと同じ有害物質のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事