NEW

松屋フーズ「麻婆ロースかつ定食」に“辛いもの好き”たちが「病みつきになる」と歓喜の声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 辛いもの好きに朗報。9月18日より、松屋フーズのとんかつ業態「松のや」「松乃家」「チキン亭」が2つの旨辛メニューを新発売した。赤vs.黒の旨さバトルに対し、世の辛いもの好きたちから「これはやってくれましたね……」「両方ともガチでおいしいやつじゃん」と喜びの声が後を絶たない。

 まず、旨さバトルの黒コーナーを飾るのは、黒のシビ辛「麻婆ロースかつ定食」(630円)。味のベースとなる“麻婆ソース”には、舌がしびれる辛さと花椒の香りが特徴の「黒ソース」がふんだんに使われている。“味のインパクト”が強い、シビ辛な1品だ。

松屋フーズ「麻婆ロースかつ定食」に辛いもの好きたちが「病みつきになる」と歓喜の声の画像2
PR TIMES 公式サイト」より

 一方、赤コーナーを飾る「ケイジャンロースかつ定食」(630円)は“刺激的な辛さ”が売り。“特製スパイシーソース”に唐辛子とニンニクをたっぷり使い、ピリ辛好きにはたまらない味わいに。

松屋フーズ「麻婆ロースかつ定食」に辛いもの好きたちが「病みつきになる」と歓喜の声の画像1
PR TIMES 公式サイト」より

 実際に食べてみた人からは「赤のガーリック風味のピリ辛が最高!」「唐辛子とニンニクがマジでやべぇ……。永遠にライスが摂取できるwww」「あとで口の中が大変だったけど、黒の麻婆ロースが病みつきになる旨さ」「私は断然『黒』。舌がシビシビ~」と、どちらにも絶賛の声が広がっている。

 ちなみに、どちらのメニューも通常の“ロースかつ”を「ささみかつ」か「厚切りロースかつ」に変えることができる。ささみかつは値段が変わらないが、厚切りロースかつはプラス150円となるようだ。

 どちらに軍配が上がるか、ぜひその舌でジャッジしてみては?

(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

松屋フーズ「麻婆ロースかつ定食」に“辛いもの好き”たちが「病みつきになる」と歓喜の声のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事