NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

年収650万円超の人、前向きで幸福度が高い傾向強く

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 私たちは、元気な人や幸せそうな人を見ると、「きっとこの人はストレスとかないんだろうな」とか、逆にあまり元気がなさそうだったり幸せそうじゃない人を見ると、「きっとこの人はストレスを抱えているんだろうな」などと勝手な印象を抱いてしまったりします。しかし、幸福感とストレスには本当にそのような相関があるのでしょうか?

 この疑問について、別府大学の矢島らによる面白い研究があります。矢島らは、自分が幸せだと思っている度合いが高い実験参加者20人とそういう気持ちが低い15人の実験参加者に、ストレスを与える課題を与え、課題前、課題直後、そして20分後に、ストレスを計測する代表的な内分泌物質であるコルチゾールの値を計測しました。また、質問紙を使って、元気度(エネルギー覚醒、高いほうが好ましい)や緊張や恐怖や驚きのような心のネガティブな状態(緊張覚醒、低いほうが好ましい)も調べました。

 結果、普段から幸福感の低い人は、ストレスを与える課題に対して、有意にストレスを感じる一方、幸福感の高い人は、ストレス課題を強いストレスと感じない傾向がありました。また、しばらく経ったあとも、幸福感の低い人は、ネガティブな気持ちが残ったままでした。エネルギー覚醒が高いほど、そして緊張覚醒が低いほど注意力や集中力が高くなるといわれているので、幸福感の高い人は課題に集中して取り組むことができ、その結果、ストレス反応が軽減したのではないかと矢島らは推測しています。

 つまり、不幸だと思っているとストレッサーをストレスと受け止めやすいし、ストレスを解消しにくいということです。そう考えると、冒頭で述べたような私たちの印象はあながち間違っていないということになりそうです。

 では、幸福感を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 それについては、海外ではさまざまな研究がありますが、文化的な違いも考慮に入れると日本の調査が参考になるでしょう。経済産業研究所の西村と同志社大学の八木は、20歳以上70歳未満の2万人を対象に、所得、学歴、自己決定、健康、人間関係という5つの側面から幸福度を調査しました。

 結果としては、また、前向き思考の人は幸福度も高いことがわかりました。要因としては、所得が高くなるほど前向き思考になり、「不安感」も減少し、年収650万円を超えたくらいから前向き思考の人のほうが割合的に多くなるようです。平成29年度の平均世帯年収が620万円ということですので、平均を超えたくらいからということになるでしょう。ちなみに、大卒と非大卒では大卒のほうが、そしてより難易度の高い大学を出ている人のほうが前向きで不安感も低くなりました。

年収650万円超の人、前向きで幸福度が高い傾向強くのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事