NEW

ファミマ、今しか買えない“クオリティ高過ぎ”な食品5選…黒豚まん、安納芋クレープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ファミリーマート HP」より

 コンビニエンスストアの3強の一角を担う「ファミリーマート」。現在、国内に1万6000店舗以上(2019年8月末日現在)も展開している巨大コンビニチェーンである。

 ファミマは10月以降600店舗以上で営業時間短縮実験の実施を発表するなど、働き方改革はコンビニチェーンにも大きな影響を与えており、コンビニの脱24時間営業の流れが徐々に広がっている。そんな昨今だが、忙しいビジネスパーソンのなかには、ファミマのお弁当などの食品類で胃袋を満たし、日々の業務に邁進しているという方も少なくないだろう。

 そこで今回は、「この秋、買うべきファミマの食品」として、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が5品を厳選。この記事を参考とすれば、食欲の秋に我々ビジネスパーソンの心と胃袋を満たしてくれるファミマのフードメニューが見つかるはずだ。

【この秋、買うべきファミマの食品5選】

ゆず香る 塩まぜそば/498円(税込、以下同)

 黒胡椒が効いた塩ダレに、太めの麺がうまくからんで秋らしい味わいの「ゆず香る塩まぜそば」。全粒粉入りの中華麺に青ねぎ、生玉ねぎ、味付メンマ、味付豚肉、ゆず皮といった具材が入っており、特にメンマの食感がしっかりコリコリとしていて名バイプレイヤー的な役割を果たしている。甘辛く味付けされた豚肉がとても美味なので、欲を言えばもう少し量が増えるとうれしいところだが、それでも満足である。

 麺量は320gとたっぷりサイズのため、最後まで食べると味に飽きるのではないかという懸念もあったが、生玉ねぎや青ねぎ、ゆずなどの薬味のおかげで最後まで美味しくいただくことができた。

 容器の底にタレが溜まっており、そのまま食べると味がほとんどしないのでよくかき混ぜて食べるよう注意してほしいが、コンビニ麺でここまでのクオリティに仕上げてきた企業努力には、素直に拍手を送りたい。

極旨 黒豚まん/198円

 鹿児島県産黒豚を100%と淡路島産玉ねぎを100%使用した「極旨 黒豚まん」、納得の味わいである。黒豚は柔らかく、通常の肉まんにたまに見られるような硬い肉の塊や、肉の臭みがまったくないのだ。また、淡路島産の玉ねぎと合わさった自然な甘みが感じられたのもポイントだ。

 ファミマのノーマルの肉まん(「熟成生地の本格肉まん」)は130円で、その価格差は約70円だが、周りの生地部分も厚めのフワフワでノーマルの肉まんよりボリュームたっぷりなので、この差額を払うだけの価値は充分にあるだろう。

 余談だが、2019年度のファミリーマートの中華まんはこの他にも「キーマカレーまん」(130円)や「北海道小豆のこしあんまん ごま風味」(120円)、「北海道小豆のつぶあんまん」(120円)と、原材料の産地にもこだわりの見られる豊富なラインナップのため、興味のある方はぜひ食べてみていただきたい。

ファミマ、今しか買えない“クオリティ高過ぎ”な食品5選…黒豚まん、安納芋クレープのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事