NEW
浅井佐知子「世界一やさしい 不動産投資のお話」

50代からでも全然遅くない!不動産投資で成功する正しい始め方、間違った始め方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 こんにちは! 不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。今回から不動産投資を成功させるために必要な知識をコラム形式で書いていきます。どうぞよろしくお願いします。

 私は2015年頃から現在に至るまで、不動産投資をしようと考えている人向けに不動産投資スクールを開催しています。そのなかで感じたことや実例もたっぷり紹介できたらと思います。

 雑誌でも最近頻繁に取り上げられていますが、「老後資金が足りない!」というお話を皆様も耳にタコができるほど聞いているかもしれませんね。でも現実問題として、どう考えても足りないです。私が相談を受けるなかでいつも感じることがあります。今の50代は晩婚化が進んでいて、「50代になっても下の子はまだ大学生でお金がかかる」「親の介護が発生しそうだが親にお金がないので、一部援助しないといけない」などと負担がかかっている、ということです。自分の老後資金なんてためている余裕はありません。

 それなのに会社では50歳を過ぎるとそろそろ役員定年が見えてきます。役員手当がなくなると年収もぐっと下がります。そういう50代の方がたくさんいるのです。リストラの可能性だって十分にあります。一体全体どうしたらいいのでしょうか? 解決策はあるのでしょうか?

 本当であればさかのぼること10年前、40代の頃からしっかりと将来を見据えて老後の計画を立てるべきでした。10年あれば資産を築き本業以外からお金が入ってくる仕組みをつくることも十分可能です。でも、そんなことを今さら言っても仕方ありません。悲観的なことを書いてしまいましたが、それでもまだ十分に間に合います。絶対に失敗することはできないので、しっかりと知識をつけて自分にあった方法でお金が流れてくる仕組みをつくる必要があります。

 30代、40代の人は定年まで時間があるので、10年スパンで計画を立て、年金に頼らなくても老後お金が入ってくるようにするのです。本業と同じだけの収入の柱をつくることができれば、仕事のストレスも半分以下になることは間違いありません。会社もひとつの取引先と考えることだってできます。

いつまでにいくら収入が欲しいかを決める

 お金が入ってくる仕組みをつくるにあたって、不動産投資はとても合っていると思います。なぜなら特別な才能はいらないし、一部融資も活用できるし、本業との両立も可能だからです。

50代からでも全然遅くない!不動産投資で成功する正しい始め方、間違った始め方のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事