NEW
連載
鈴木貴博「経済を読む目玉」

米大統領選、無名の泡沫候補が一躍、最有力候補に浮上…初のLGBT大統領の誕生なるか

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピート・ブティジェッジ氏(写真:AP/アフロ)

 2020年は4年に一度のアメリカ大統領選挙の年だ。共和党のトランプ大統領に挑戦する民主党の大統領候補者を選ぶ予備選は始まったばかり。2月3日に緒戦のアイオワ州党員集会が行われ、2月11日に全米で最初の予備選挙がニューハンプシャー州で行われたところである。

 この先、48州で同様の予備選が繰り広げられ、その展開次第では比較的早い段階で接戦にもつれ込んだとしても7月13日から開催される民主党の全国大会で大統領候補者が決まるスケジュールになっている。11月にはトランプ候補との一騎打ちとなる大統領選挙本選があり、その結果が世界経済に大きな影響を与えることになる。

 さて、この民主党の予備選でちょっとした異変が起きている。オバマ政権の副大統領だったバイデン候補、左派で急速に支持者を集めているサンダース上院議員といった前評判の高い候補者をおしのけて、新進気鋭で38歳と年齢も若いブティジェッジ前サウスベンド市長がアイオワ州の党員集会でトップを獲得。続くニューハンプシャー州の予備選挙でもサンダース上院議員と接戦を繰り広げ、僅差の2位の得票数を獲得したのだ。

 アメリカ大統領選挙では「アイオワ州を制するものは大統領選を制す」という格言がある。その理由はアイオワ州は全米の人口構成の縮図、つまり人種構成がアメリカ全体と類似しているからだ。そのアイオワ州で勝利したブティジェッジ氏は一躍、アメリカ大統領選挙の台風の目となりつつある。

 そして若くイケメンのブティジェッジ候補にはもうひとつ、世界的な戦略コンサルティングファームのマッキンゼー出身という横顔がある。戦略のプロが戦う大統領選挙戦、はたしてマッキンゼー出身初のアメリカ大統領は誕生するのだろうか。

意外な米国内でのトランプ評

 そもそもの前提から話をしたい。アメリカでは現職のトランプ大統領の再選が有力だといわれている。日本ではトランプ氏の常に物議を醸す発言などを根拠に「とんでもない大統領だ」という評判が先行しているが、アメリカ国内の評価は割れてはいるが、そこまで悪くはない。

 現実として、トランプ大統領は保守政党である共和党のなかでもさらに保守派の人々の強い支持を得て誕生した大統領で、実務においては共和党保守派が政権に深く入り込んで「古きよきアメリカ」を復活させる方向で機能している。保守派の実務官僚がリベラルだったオバマ前大統領時代からの政策転換に成功していることで、基本的には共和党支持者は今回もトランプ候補を後押しするという状況に変わりはないのだ。

関連記事