NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

米国、中国との国交断絶を示唆…「ウイルスの兵器利用」の可能性に世界各国が気づいた

文=片田珠美/精神科医
米国、中国との国交断絶を示唆…「ウイルスの兵器利用」の可能性に世界各国が気づいたの画像1
民主党との協議打ち切り トランプ大統領が会見(写真:AP/アフロ)

 トランプ米大統領は5月14日、新型コロナウイルスをめぐる中国の対応に「非常に失望した」と述べ、「中国は(新型コロナの流行を)なすがままに任せるべきではなかった」と言明した。さらに、中国との断交の可能性も示唆した。

 背景には、新型コロナウイルスの感染者も死者も世界最多となり、経済や雇用に暗い影を落としているアメリカの現状があるのだろう。今年大統領選を控えている身としては、自身の政策のあやまちを認めれば国民の怒りの矛先が自分に向けられるかもしれず、そういう事態を避けるためにも、その矛先が中国に向くようにする必要があるのかもしれない。

 また、最初に感染が確認された中国湖北省武漢市にある中国科学院武漢ウイルス研究所が感染源であることを示す「相当な量の証拠がある」と発言したポンペオ米国務長官に対して、中国が官製メディアを動員し、ウイルスの発生源について「嘘を捏造した」と批判したうえ、「人類共通の敵」「邪悪な政治屋」「冷血」などと非難していることも影響しているのかもしれない。

 中国としては、国際的な対中包囲網が形成され、損害賠償を請求されてはたまらないので、それを警戒して、異例の強い表現で反発したのだろう。アメリカのトランプ政権も中国の習近平政権も、自己正当化に終始しており、それが責任転嫁と結びついているように見える。

自己正当化と嘘は紙一重

 このような自己正当化の傾向は、あやまちを認めない政治家にしばしば認められる。自己正当化に終始する政治家を見ると、嘘をついているようにしか見えないことも少なくない。

 だが、嘘と自己正当化は違う。嘘は、自分で事実とは違うと知りながら他人に信じてもらおうとする話だが、自己正当化は、私は悪くないと自分自身に言い聞かせるための話だ。他人への嘘の場合は、難を逃れるために嘘をついているのを本人が自覚している。だが、自己正当化の場合は、自分に嘘をついているのに、その自覚がない。そのため、「自己正当化は明らかな嘘よりも強力で危険」なのである(『なぜあの人はあやまちを認めないのか 』)。

 もちろん、「他人を欺くための意識的な嘘」と「自分自身を欺くための無意識の自己正当化」の間には「じつに興味深い曖昧な領域」(同書)が存在し、明確な線引きは難しい。いずれの場合も、ときには過去の記憶がおぼろげになり、事実もゆがめられる。その結果、すべて責任転嫁して、自身の罪を軽くしようとしているように見えることもある。

 今回の新型コロナウイルスをめぐる米中のそれぞれの主張についても、どこまでが自己正当化で、どこからが嘘なのか、微妙である。ただ、両国がいずれも自己正当化と責任転嫁をせずにはいられない状況にあることだけはたしかなようだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ