生協、オイシックス、大地を守る会…注目の「食材宅配サービス」の品揃え&価格を比較!の画像1
【Oisix公式】初めての方限定『おためしセット』はこちら」より

 今春の自粛生活で思い知らされたのは、日々の「買い物」の大変さだ。毎日スーパーに行って食材を選別したり、重い袋を持って歩き回ったりするのは意外と負担が大きい。そんな悩みを解決してくれるのが、コロナ禍で急激に利用が伸びたという「食材宅配サービス」だ。

 ひと口に食材宅配サービスといっても、品揃えや価格はさまざま。そこで今回は、主要なサービスをピックアップし、それぞれの特徴をまとめてみた。

生協の宅配サービスは子育て世帯にぴったり

 消費者のための協同組合である「生協(コープ)」の宅配は、地域ごとに運営組合や配送エリアが異なる。加入時には500~1000円程度の出資金が必要だが、脱退時に返金され、月々積み立てることも可能だ。食材や日用品が安いので、常備するものが決まっている世帯や人数の多い世帯が定期購入するのに向いているだろう。

 それでは、東京都で利用できる生協系の宅配サービス7つのうち、メジャーなものを挙げていこう。

コープデリ(コープみらい)」は圧倒的な商品点数と日本一の組合員数を誇る生協で、食料品の価格が生協の宅配サービスのなかでもっともお手頃だ。週1回、決まった曜日・時間帯に配達される「ウイークリーコープ」は、不在時は保冷ボックスに入れて玄関先に置いてもらえるので、受け取りに手を煩わされることもない。

 現在は東京都、埼玉県、千葉県の新規加入受付を休止中だが、休止期間中に登録入力を進めた場合、通常の特典(人気商品プレゼント、おすすめ商品割引)に加え、買い物に利用できる1000ポイントが付与されるキャンペーンを行っている。

「パルシステム」は無農薬・無添加にこだわった独自商品を開発しており、「東都生活協同組合」は産直・国産にこだわった商品ラインナップとなっている。いずれも安心・安全品質の食品が好評を博しているが、価格はコープデリよりもやや高めだ(パルシステムは登録から利用まで約3カ月かかる)。

「生活クラブ」も国産、無添加、減農薬にこだわり、牛乳は紙パックではなく瓶詰めのものを扱うなど、環境に対する意識も高い。毎月1000円の積み立て増資が必須となるが、脱退時に全額返還される(現在、東京23区では新規加入受付を休止中)。

 また、生協の宅配サービスは、小さな子どもがいる家庭向けに利用手数料が免除もしくは割引される制度を設けており、離乳食メニューやレシピも充実している。まさに、子育て世帯にぴったりのサービスといえるだろう。

家事の時短に役立つ「ミールキット」とは

 料理をつくる際、食材が足りなかったり調理時間が長かったりして心が折れることもあるだろう。そんな場面で役立つ“ミールキット”が注目を集めている。必要な食材や調味料、レシピがセットになっており、食材は使い切りのため余計な生ゴミや余り物が出ないというメリットもある。ここでは、手軽に料理をつくりたい人におすすめのミールキットを扱う食材宅配サービスに注目してみよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ