日経平均株価が急回復!コロナ暴落恐れて“売り”に走った投資家たちが大損している!の画像1
「Getty Images」より

「株式市場はコロナウイルス&マスコミの連合軍に寄り切り勝ち」。8月中旬に旧知の70代の個人投資家から頂いたメールの一部である。表現はともかくも、これは数多くの関係者の偽らざる思いかもしれない。

 今年に入り、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による、新手の脅威に動揺した株式市場は一時大荒れになった。2月後半から下げ足を早め、3月には9日、16日と玉突き式の暴落(それぞれ日経平均株価終値で前日比5%超の下落)に襲われ、平均株価は1万6000円台まで下落した。この頃、担当大臣はもとより、マスコミ、そして専門家の大多数は「リーマンショックを凌ぐ恐慌の到来」を声高に叫んだものである。

 しかし市場の波乱はそこまでだった。周知の通り、その後の展開は、先述した面々の悲壮感に満ちた言動、コメントを嘲笑うかのような推移である。平均株価は翌月の末には、アベノミクス景気での定位置であった2万円台を回復。その後も株価は尻上がりで推移して、7月にはコロナ暴落前の平均的な水準である2万2000円台まで戻してしまった。世界経済の破局を信じて、乾坤一擲の売りに走ったものは、飛んで火にいる夏の虫になってしまったのだろう。「波乱相場を好む複数のデイトレーダーが見込みを誤り、大損をした」(証券関係者)との話も聞く。

 このところ、暴虎馮河の傾向がある個人投資家からの音信がない。いずれにしてもコロナウイルスの一件は、株式市場が不況はもとより、戦争、大災害、テロ等々、ありとあらゆる禍々しい事象を、結局は飲み込んで消化してしまう、巨大な胃袋であることを、改めて証明したことになるのだろう。

 さて、気になるのはこれから、今秋以降の展開であろう。市場では強弱感は対立しており、晩夏の時点では楽観派がやや多いように思われるが、果たしてどちらに転ぶのだろうか。

 ここは現時点の株式の支援材料や、懸念要因を俎上にあげるのではなく、3月に筆者が当サイトに寄稿した記事『新型コロナ、株相場はリーマンショック級どころか標準的な値下がり』で一定の成果をあげた、過去の株価の動きを愚直に追う分析を用いて、予測を試みてみたい。

今年の最高値更新の可能性は低い?

 日本経済の低成長が常態化したバブル崩壊以降、1991年から2020年8月末までの平均株価の年間変動率は38%になる。年間の最高値から最安値の振れ幅はほぼ4割になるわけだ。2020年は8月末時点で変動率は45%になり、すでに平均値を上回っている。もちろん変動率は年によって大きな差はあり、1割台に留まることもあれば、5割を超えることもある。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ