NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

なぜ母親は生後2カ月の我が子に別人の血を飲ませたのか?代理ミュンヒハウゼン症候群か

文=片田珠美/精神科医
なぜ母親は生後2カ月の我が子に別人の血を飲ませたのか?代理ミュンヒハウゼン症候群かの画像1
「Getty Images」より

 大阪市内の病院に入院していた生後間もない長男に別人の血液を飲ませ、嘔吐させたとして、母親が逮捕された。この母親は、今年2月と3月の2回、当時生後2カ月だった長男の口に、長男以外の人物の血液を入れ、嘔吐させた傷害の疑いがかけられている。警察によれば、長男は入院中に20回以上血を吐いたが、いずれも母親との面会中に起きていたという。

 同様の事件は過去にも起きている。たとえば、2004年7月から2008年12月にかけて起きた点滴異物混入事件である。この事件では、当時30代の母親が逮捕・起訴された。この母親は、岐阜大や京都大の医学部付属病院で、三女、四女、五女の点滴に水道水などを混入し、三女と五女に敗血症などを発症させ、四女を生後8カ月で死亡させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた。

 ちなみに、次女も2001年に3歳で死亡しており、母親の関与が疑われた。また、三女も2歳で死亡しているが、死亡との因果関係が立証できず、母親は傷害罪のみに問われた。なお、五女も京大付属病院入院中に点滴に水道水などを混入されており、この五女の事件で母親の犯行が発覚したのだが、幸い一命はとりとめている。

 この母親は、被告人質問で異物混入の動機について「(子どもが)苦しんでいるのを見たいのではなく、医者や看護師から特別に目をかけてもらうことを望んでいた。存在が認められることに居心地の良さを感じた」と述べた。

 精神鑑定で、「代理ミュンヒハウゼン症候群(Münchausen syndrome by proxy)」と診断され、2010年、京都地裁で懲役10年(求刑懲役15年)の判決が言い渡されている。

「代理ミュンヒハウゼン症候群」

 今回大阪市で逮捕された母親も「代理ミュンヒハウゼン症候群」である可能性は十分考えられる。

「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは、子どもをわざと病気にして医師や看護師に嘘の申告をし、周囲の関心や同情を引こうとする虐待の一種である。命名の由来は、『ほらふき男爵の冒険』の主人公、ミュンヒハウゼン男爵であり、自分自身ではなく、子どもの症状について平気で嘘をつき、ときには症状を捏造するので、「代理ミュンヒハウゼン症候群」と呼ばれる。

 加害者は圧倒的に母親が多く、次の4つの心理的要因が密接にからみ合っていると考えられる。

1)自己顕示欲

2)承認欲求

3)所有意識

4)想像力の欠如

 まず、先ほど紹介した「代理ミュンヒハウゼン症候群」の母親が裁判で「医者や看護師から特別に目をかけてもらうことを望んでいた」と述べたことからもわかるように、周囲の関心や同情を引き、注目されたいという自己顕示欲が強い。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ