NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

その手首や指の痛み、実はリウマチかも…見過ごすと取り返しがつかないことになる

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

その手首や指の痛み、実はリウマチかも…見過ごすと取り返しがつかないことになるの画像1
「Getty Images」より

 中高年ともなれば、誰もが一度や二度は関節痛を感じたことがあるだろう。多くは「加齢」と片付けてしまいがちな関節痛だが、実は見過ごしてはいけない関節痛もある。

 手首や指の痛みなどが長く続く場合、リウマチの可能性を疑うことも必要である。実はリウマチを専門に診る、地域に根ざしたクリニックはまだ少なく、初期段階での判断が遅れるケースも少なくない。加齢や運動負荷などが原因の関節痛と、リウマチとの違いなどについて「さとう埼玉リウマチクリニック」院長の佐藤理仁医師に話を聞いた。

リウマチとは

 関節リウマチとは、関節に腫れや激しい痛みが生じ、関節が変形し、さらに悪化すれば関節としての機能が失われる病気である。その原因は免疫異常であり、全国で70~80万人のリウマチ患者がいると推定される。特に女性に多い傾向にあり、発症する年齢は30~50代がピークである。初期症状は関節の痛みで、多くの患者が整形外科を受診する。

「リウマチは、骨の周りの関節が炎症を起こしますが、レントゲンには映りません。そうすると整形外科では『骨に異常もないので、痛み止めで様子をみましょう』となるのが常ですが、痛み止めを服用して半年経っても治らず、そうなると患者さん自身も『これはおかしい。リウマチかもしれない』と考え、そこから紹介状を書いてもらうということも少なくありません」(佐藤医師)

その手首や指の痛み、実はリウマチかも…見過ごすと取り返しがつかないことになるの画像2

 リウマチによる炎症が進行すると骨が壊れてしまうため、そこでようやくレントゲンに映る。しかし、そうなってからリウマチの治療を開始するのでは遅いという。

「1~2年診断が遅れると、骨が変形して関節が曲がってしまいますが、そうなると元には戻らないので、初期症状のうちに関節痛なのかリウマチなのかを見極めることが大切です」(同)

 最近ではエコー検査を取り入れることで、リウマチを早期に発見できるようになった。関節痛が続く場合は、漫然と痛み止めを飲むのではなく、リウマチを疑うことが必要だろう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合