NEW

吉野家・すき家・松屋の今冬ベスト6!牛すき鍋膳が不動の人気、新発売の豆乳牛鍋定食も

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

吉野家・すき家・松屋の今冬ベスト6!牛すき鍋膳が不動の人気、新発売の豆乳牛鍋定食もの画像1
吉野家の店舗

 提供スピードの速さと安定のおいしさで人気を誇る牛丼チェーン。大手3社では、上半期(吉野家は3~8月、松屋とすき家は4~9月)の経営業績が発表され、コロナ禍による影響を多分に感じる結果となっている。

 売上高、純利益は3社ともに前年同期比減。中でも吉野家は57億円以上、松屋は25億円以上の赤字を記録。だが、すき家(ゼンショーHD)は3社のうち最も赤字額が少なく、さらに10~11月が2カ月連続で前年同月比増収し、足元好調のようだ。

 さて、そんな牛丼チェーン大手3社では、今年も冬の新メニューが続々と発売されている。そこで今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が独自にリサーチした「この冬、買うべき3大牛丼チェーンの商品6選」をご紹介しよう。

吉野家/牛カルビ生姜焼き丼/548円(税別)

 まずは吉野家から、季節限定メニューの「牛カルビ生姜焼き丼」。通常の牛カルビ丼は醤油だれで焼き上げているのだが、本品は生姜の香りがしっかりときいた吉野家特製たれを使用しているのが特徴だ。

吉野家・すき家・松屋の今冬ベスト6!牛すき鍋膳が不動の人気、新発売の豆乳牛鍋定食もの画像2

 本品に関して、SNSなどの口コミでは“牛カルビに生姜が合う!”“生姜で冷えた体もポカポカ”といった賞賛の声が多く寄せられている。体を温める効果がある生姜と牛カルビの相性のよさ、つまり季節限定ならではの魅力が高評価につながっているようだ。

 また、特製たれがしっかり染みついているので、牛カルビとおおよそ1:1の比率で盛りつけられたサラダの存在も気が利いている。サラダと一緒に食べることで、サラダにもたれの味がのり、味わいが一層増すのである。別添のマヨネーズをお好みでつけ足すのもいいだろう。

吉野家/牛すき鍋膳/648円(税別)

 こちらも吉野家の冬の定番、「牛すき鍋膳」。2020年1月掲載の当サイト記事「吉野家・すき家・松屋、今、絶対食べるべき商品6選!豚焼肉と牛カルビの鉄板コンビ」でも紹介したメニューなのだが、今冬も選出せざるを得ない絶品&人気メニューなので紹介しておきたい。

吉野家・すき家・松屋の今冬ベスト6!牛すき鍋膳が不動の人気、新発売の豆乳牛鍋定食もの画像3

「牛すき鍋膳」はすきやき肉、野菜、うどんがバランスよく入っており、ボリュームたっぷりの一品。本品を頼めば、1日に必要な野菜半分の量が摂れるというのだから、味と栄養の両面での魅力を持ち合わせている点が魅力だ。

 SNSなどの口コミでは“吉野家の牛すき鍋膳は世界で一番うまい”“週一で吉野家の牛すき鍋膳食べてる”など、ファンから愛されていることがわかるコメントが多い。確かに、実食してみると、特製すきやきたれの味つけはリピート必至の絶品。さらに、すきやき肉は赤身と脂肪のバランスが良く、大判なので食べ応えもある。すべての面において「また食べたい!」と思わせる納得のクオリティであった。

すき家/豆乳牛鍋定食/840円(税込)

 続いては、すき家で2020年12月2日より発売開始した「豆乳牛鍋定食」。ゆずの風味が香る豆乳スープの鍋だ。別添で塩麴のつけダレがあり、お好みで具材につけて食べることもできる。いずれにしても、ボリュームたっぷりの季節メニューとなっているのだ。

吉野家・すき家・松屋の今冬ベスト6!牛すき鍋膳が不動の人気、新発売の豆乳牛鍋定食もの画像4

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合