買うと損する?ビックカメラで見つけた逆に苦労する本末転倒な調理家電ワースト5!の画像1
ビックカメラ有楽町本館(「Wikipedia」より)

 コロナ禍が続く昨今は飲食店が早じまいし、必然的に自炊が見直されている。ひとり暮らしで自炊となると“時短で簡単”を求められるようで、料理の手間を省いてくれる“お手軽”キッチン家電が飛ぶように売れているという。

 大手家電量販店のビックカメラでは、準備や後片付けなど調理にまつわる作業を楽にしてくれる商品を豊富に取り揃えているが、中にはメンテナンスに苦労するものなど、本末転倒なアイテムも。ここでは、ビックカメラで見つけた“買うと損する可能性がある”調理家電をご紹介しよう(各種情報は調査時点、価格は税込み)。

電気ケトル ApreciaAG+Lock/5480円

 電気ポットに比べて沸騰スピードが早く、必要なときに必要な分だけ素早く湯を沸かすことができる電気ケトル。中でもティファールの「電気ケトル ApreciaAG+Lock」は、レギュラーカップ1杯分(140ml)のお湯であれば、わずか50秒ほどで沸騰させることが可能。湯を沸かすのになるべく時間をかけたくない、忙しい朝に活躍すること請け合いだ。

買うと損する?ビックカメラで見つけた逆に苦労する本末転倒な調理家電ワースト5!の画像2

 時短アイテムとして優秀な本商品だが、注水のキレが悪く、かなり傾けて注がないとお湯が出切らないのはマイナスポイント。お湯を最後まで出そうとするあまり、垂直に近い角度まで傾けると、脇からお湯がこぼれてあたり一面を濡らしてしまう可能性も。

 800mlという控えめな容量であり、水をすべて出し切れないとなるとフラストレーションはかなり溜まる。購入する際は、沸騰にかかる時間が短い分、注水面で課題が残る商品だということを念頭に入れたほうがいいだろう。

コンパクトフライヤー/3980円

 調理が面倒なイメージの強い揚げ物料理。1食分をつくるだけで大量の油を使うため、単身者にとってはコストパフォーマンスの悪さもネックだ。

 通常、唐揚げや天ぷらをつくる上で必要とされる油の量は800mlとされているが、ツインバードの「EP-4694PW コンパクトフライヤー」は500mlの油で主要なフライ料理がつくれてしまうのが魅力。火を使わずに加熱することができ、電源を入れてから適温になるまでに10分から15分と極めてスピーディーなのもうれしい。

買うと損する?ビックカメラで見つけた逆に苦労する本末転倒な調理家電ワースト5!の画像3

 面倒な揚げ物料理のハードルを下げてくれる本商品だが、内釜と本体がセットになっているため水洗いができず、クリーンに保つのが難しい。使用後は毎回油を捨てて、キッチンペーパーで油汚れを入念に拭き取る必要があり、それを怠ると、ものの数カ月で内釜は油まみれでギトギトに。調理後のメンテナンスに手間がかかる商品であることを考慮した上で、購入を検討するといいだろう。

電動大根おろし器 おろしの達人/4180円

 自炊を長く続けていると料理のレパートリーが尽き、日々のメニューは単調になりがちだ。そこで救世主となってくれるのが薬味。特に大根おろしはメインディッシュの横に添えたり、和えものにすることで献立を格上げしてくれる、食卓に1品あるとうれしい存在だ。

「電動大根おろし器 おろしの達人」は、カットした素材を容器の中に入れるだけで、労力いらずで簡単に大根をおろすことが可能。おろし時間は100gにつきおよそ10秒と、手動タイプとは比べものにならない速さを誇る。

買うと損する?ビックカメラで見つけた逆に苦労する本末転倒な調理家電ワースト5!の画像4

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合