『シン・エヴァ』庵野秀明ら制作陣への読むに堪えない脅迫を、業界関係者はこう考えるの画像1
エヴァンゲリオン公式サイトより

 3月8日に公開され興行収入80億円を記録したアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(スタジオカラー)の制作関係者への誹謗中傷・脅迫行為があったとして、エヴァンゲリオン公式サイトは13日、「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』制作関係者に対する誹謗中傷・脅迫行為に関して」と題したリリースを公開した。いったいなにがあったのか。

 公開されたリリースは以下の通りだ。

「公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を応援いただきありがとうございます。

 現在、本作の内容や関連取材記事等を曲解し、作品関係者個人への誹謗中傷や脅迫、犯罪を示唆する行為を確認しています。

 本作は株式会社カラー(スタジオカラー)を主体とし、数多くのスタッフが関わる共同作業によって制作されています。弊社では、創作されたフィクションに於いてその見方、受け取り方は、皆様のご感想やご意見として真摯に受け止めています。

 しかしながら、個人的な内容の解釈や推論、個人の希望に沿わない内容に対する不満等により、作品関係者個人への尊厳を損なう行為、誹謗中傷、脅迫行為、犯罪を示唆する発言に対しては、どのような場合に於いても強く抗議します。

 また、明確な名誉棄損、脅迫、殺害予告等犯罪に相当する発言に関しては、国内であれば警察、海外の事案でも各国捜査機関への通報及び、損害賠償を含めた法的措置を持って対処する所存です」

総監督の庵野秀明氏はかつて誹謗中傷で命を絶つことも考えた

 総監督の庵野秀明氏は3月22日に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル』で、エヴァに対する誹謗中傷に触れていた。テレビアニメ版(いわゆる『旧作』)の最終回に関するネット上の批判的な書き込みを見た当時のことを、庵野氏は次のように振り返える。

「自分としては世の中とかアニメを好きな人のために頑張ってたつもりなんですけど、庵野秀明をどうやって殺すかを話し合うようなスレッドがあって。どうやったら一番うまく僕を殺せるかっていうのがずっと書いてある。こうやって殺したらいい、こうやって殺したらいいって。それを見た時にもうどうでもよくなって。アニメを作るとか、そういうのはもういいやって」

 その後「電車に飛びこもうとした」「会社の屋上から飛び降りようとした」などと、当時の精神状態を明かした。

庵野・安野夫妻に子どもがいないことを揶揄

 では今作に関してはどうなのか。ネット上のブログやTwitterの投稿を調べたところ好評価が大半だったが、やはり一部に辛辣な批判も散見された。『プロフェッショナル』で庵野氏と妻のマンガ家、安野モヨコ氏のほほえましい二人三脚の関係性が伝えられたこともあってか、「作品に安野氏との結婚の影響がみられる」「子どももいないくせに(作品世界で)未婚者にマウントを取るな」などという個人攻撃のような主張も見られた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合