釈由美子、“今年一番の問題作”で海外デビュー…パンデミック・ホラー映画撮影での体験の画像1

 2年前に撮影したにもかかわらず、コロナ禍のパンデミックを予見したかのような内容が話題となっている作品がある。致死ウイルスが蔓延し、地獄と化したホテルを舞台にした今年7月2日公開予定の映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』(フランチェスコ・ジャンニーニ監督、カナダ制作)だ。

 同作で海外進出を果たし、重要な役どころとなる妊婦・ナオミを演じているのが、女優の釈由美子。彼女自身も「偶然にもこの悪夢のような世の中と重なる作品になり、私も驚いています」と衝撃を受けている。2016年に男児を出産し、母親となって初の映画出演。しかも初の海外作品。異国の地でウイルスに感染し、もだえ苦しむ妊婦役を見事に演じきった彼女に、コロナ禍との偶然の一致、撮影の舞台裏、そして女優として母親として今考えていることを聞いた。

――パンデミック・ホラーを描いた作品ですが、撮影中はまさかコロナ禍の現実と重なることになるとは、思いもよらなかったはずです。

釈 謎の殺人ウイルスによる感染爆発が起きたホテルを舞台にしたパンデミック・ホラー作品で、私は夫からDVを受けて異国の地のホテルに逃れてきた臨月間近の妊婦ナオミという役を演じています。2年前の2019年1月にカナダのモントリオールで撮影したのですが、まさかその後にこのような世界的なパンデミックが到来することなど想像すらできませんでした。完成した作品を改めて観て、コロナ禍とリンクしている内容に鳥肌が立ってしまいました。

――海外作品は初めての出演でしたが、大変なことも多かったのでは。

釈 初めての海外作品でしたので、オファーをいただいて不安はありましたが、武者修行の気持ちで出演を決めました。台本はもちろん英語で書いてあるので、最初は業者さんに頼んで訳してもらおうとも思ったのですが、結構な費用がかかるんですよ。台本は何度も変更されるものなので、意を決して初稿から自分で辞書を引きながら訳しました。痙攣(けいれん)という意味の“convulsions”など、学校では習わなかったような単語もあり、結構大変でしたね(笑)。

――全身が痙攣し、苦しみのたうち回る姿は迫真の演技でした。背筋が凍りました。

釈 少しネタバレになってしまいますが、ナオミもウイルスに感染することになります。ゾンビのような特殊メイクだけでなく、白目むき出しで痙攣するお芝居は捨て身の覚悟で臨みました。こむら返りのような足で這いつくばっているシーンもありますが、実際に何度も足をつりました(笑)。全身筋肉痛になって、痛みに耐えながらの撮影でしたね。これが日本の作品だったら、少し守りに入っていたかもしれません。やはり美しくない顔を見せることに抵抗がないと言ったら嘘になるので。海外作品だったからこそ、体当たりで演じられたのだと思います。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合