NEW

吉野家・すき家・松屋、今冬のオススメ6品!高菜明太マヨ牛丼が悪魔的なウマさ

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
吉野家の店舗
吉野家の店舗

 リーズナブルな価格で確かな食べ応えを提供している牛丼チェーン。中でも“牛丼御三家”と呼ばれているのが「吉野家」「すき家」「松屋」だ。

“牛丼御三家”としてまとめられる3社だが、各社にはそれぞれの特徴が存在する。たとえば、すき家はファミリー層や女性層をターゲットに豊富なラインナップを展開。一方、吉野家は100年以上続く味へのこだわりを武器にしている。また、松屋では少々珍しい期間限定メニューなどを出し、ファンにアピールしているようだ。

 そんな“牛丼御三家”には、定番メニューから期間限定メニューまで豊富な商品が存在する。今回は数ある商品の中から、今冬買うべき商品を6つ厳選。ぜひ参考にしてほしい(価格は税込み)。

吉野家/ねぎだく牛丼(並盛)/544円

 まず紹介したいのが、吉野家の「ねぎだく牛丼(並盛)」。この商品は、1号店である築地店の特殊注文「ねぎだく」を常設のメニューにしたもの。牛丼並み盛りの4倍ほどの玉ねぎが盛られており、玉ねぎの食感とさっぱり感が人気とのこと。

吉野家・すき家・松屋、今冬のオススメ6品!高菜明太マヨ牛丼が悪魔的なウマさの画像1

 テイクアウトで注文すると、玉ねぎは別添え。紙コップ1つ分くらいの大きさの容器に、ぎっしりと玉ねぎが詰め込まれている。容器には汁が入っていないため、持ち帰る時間で玉ねぎがしんなりしてしまうこともなく、自宅でもシャキシャキ食感を楽しむことができる。

 実際に食べてみると、玉ねぎのさっぱりとした味わいが重たいイメージのある牛丼を別物に変えていて驚いた。牛丼を食べたいけど、今日はさわやかにいただきたい気分……なんてときにピッタリな一品だろう。

吉野家/カリガリ吉野家カレー/547円

 続いては、同じく吉野家の「カリガリカレー」。2021年12月7日から販売が開始された、「神田カレーグランプリ」で優勝経験もある「カリガリカレー」が監修した商品だ。31種類のスパイスを絶妙に配合した“カレーマニアも喜ぶカレー”になっているとのことで、SNS上では発売前から話題になっていた。

吉野家・すき家・松屋、今冬のオススメ6品!高菜明太マヨ牛丼が悪魔的なウマさの画像2

 実際に食べてみると、チェーン店とは思えないスパイスの香りと、後を引く辛さに驚愕する。一般的なカレーに比べると少し辛みが強いため、辛さが苦手な人は注意が必要かもしれないが、スパイシーなカレーが好きな人にはたまらない商品だろう。

 冬に限らず、熱々のカレーを頬張りたくなる瞬間はたびたび訪れるのではないだろうか。この「カリガリカレー」は、専門店にも負けない本格的な味が楽しめるため、そんな気分のときは吉野家に行くというのもありかもしれない。

すき家/にんにく白髪ねぎ牛丼(並盛)/560円

 次に紹介したいのが、すき家の「にんにく白髪ねぎ牛丼(並盛)」。21年11月17日から期間限定で販売している、たっぷりの白髪ねぎと、トッピングされたほくほくのフライドにんにくが魅惑の商品だ。大粒のにんにくがごろごろ入っているため、にんにくファンから圧倒的な人気を誇っている。

吉野家・すき家・松屋、今冬のオススメ6品!高菜明太マヨ牛丼が悪魔的なウマさの画像3

 まず、やわらかいにんにくを噛みしめると、口の中で凝縮された旨味があふれ出した。もちろん、牛丼との相性も抜群なので、箸がどんどん進む。そこに白髪ねぎが加わることによって、シャキシャキの食感と鼻を抜けるようなねぎの香りが追加される。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合