NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん、父親と祖父母が自殺との報道…「自殺の家族歴」と「自殺行動の危険因子」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 秋篠宮家の長女、眞子さまとの結婚行事が延期になっている小室圭さんは、10歳のときに父親を自殺で亡くし、その1週間後には父方の祖父が、そして約1年後には父方の祖母も自ら命を絶ったと、「女性セブン」(3月21日号/小学館)で報じられた。

 この報道が事実とすれば、祖父は長男を失った喪失体験によって、祖母は夫と長男を相次いで失った喪失体験によって憔悴し、心身ともに限界状況に陥って自ら死を選んだと考えられ、後追い自殺の可能性もある。

 私の精神科医としての長年の臨床経験から申し上げると、家族や恋人を自殺で亡くした後、悲痛な喪失体験をなかなか乗り越えられず、自殺を防げなかったという罪悪感やあのときこうしていたら自殺に追い込まずにすんだのではないかという後悔から、うつ病になる方が少なくない。喪失体験に対する反応としてのうつ病なので、精神医学では「反応性うつ病」と呼ぶ。

 一方、小室さんの父親は、仕事が多忙を極めたうえ経済問題を抱えたせいで弱ってしまったらしい。この経済問題は、息子の圭さんの教育費を捻出しなければならなかったことに加えて、妻の両親と一緒に住むための二世帯住宅を建てる計画もあったことによって深刻化したようなので、やはり「反応性うつ病」を患っていたのではないか。

 うつ病は、生まれながらの素質の比重が大きい「内因性うつ病」と環境やライフイベントなどの外的要因の比重が大きい「反応性うつ病」に大別される。もっとも、素質と外的要因のどちらか一方だけで発病するわけではない。たいてい両者の相互作用によって発病するのであり、どちらが大きく影響しているかというだけの話である。

 また、自殺する前に本人が精神科を受診してうつ病と診断されたわけではなくても、うつ状態になっていたことは十分考えられる。というのも、WHO(世界保健機関)が刊行した「自殺予防 -カウンセラーのための手引き」によれば、「自殺により命を絶つ人の 90%は精神疾患をもち、60%がそのときにうつ状態であったと推定されている」からだ(注)。

小室圭さん、父親と祖父母が自殺との報道…「自殺の家族歴」と「自殺行動の危険因子」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事