NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」~“家庭内地面師”!?

弟が父と母を騙して財産“生前贈与”を受けていた!父を介護し続けた兄には遺産ほぼゼロ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

 昨年、積水ハウスが約55億円をだまし取られた詐欺事件で、にわかに注目を集めた“地面師(じめんし)”。7月17日に東京地裁で地主役などを務めた3被告に判決が言い渡される予定だ。一般庶民にとっては「一生縁のない別世界の話」と受け止めている人が圧倒的だが、驚くべきことに、地面師問題は一般的な個人宅もターゲットになるケースがある。しかも“家庭内地面師”ともいうべき親族に、まんまとしてやられるケースに泣いている人も少なくない。「そんなバカな」と思うあなたに、実例を紹介したい。

 ウィキペディアによれば、地面師とは「土地の所有者になりすまして売却をもちかけ、多額の代金をだまし取る不動産をめぐる詐欺を行う者、もしくはそのような手法で行われる詐欺行為のこと」だという。一般庶民には地面師に関する報道が流れても、金額のケタが違いすぎて他人事で終わってしまう。しかし、親の遺産が自宅だけという人も多いなか、身内の土地建物を騙し取る家庭内地面師もいる。

 会社員であるAさんには弟のBがいたが、Bは実家から遠く離れた土地で、中小企業の経営者をしていた。高齢になった両親の世話を最後までしていたのは、実家の近所に住むAさんと妻だった。

 Aさんの実家は西日本にあり、主要駅からほど近い目抜き通りの場所で100坪ほどの広さがあった。子供たちは大学に進学するまで、そこで暮らしていた。駅前開発で土地が高騰し、今では4,000万円ほどの売買価格といわれていた。

 別荘もあるにはあったが、山の中の一軒家(1LDK)で、最寄りのコンビニまでは5キロもあるという場所だ。資産価値も数百万円程度だ。仕事で多忙を極める父親が、「のんびりしたとした静かな場所で休みを過ごしたい」と探したお気に入りの場所でもあった。子供の頃は夏休みや冬休みのたびに一家は別荘で過ごしたが、子供が大きくなるにつれ、両親だけしか行かなくなっていた。Aさんが社会人になって地元にUターンしてからは、懐かしがる両親を連れて、時折、その地を訪れることもあった。

 高齢になった両親はもう別荘を懐かしむこともなくなり、ここ数年はAさん夫婦が管理に時折出かけていく程度で、以前から母親は「夫にもしものことがあれば、管理も大変だから、別荘は処分していい」とAさんとBに話していた。

 ある日、Aさんに珍しく電話をかけてきたBは、両親の面倒を見てくれたことに感謝した上で、「実家のことだけど、両親も高齢だし、いつ何があっても不思議じゃない。相続のことも考えないといけないと思う」と切り出した。

弟が父と母を騙して財産“生前贈与”を受けていた!父を介護し続けた兄には遺産ほぼゼロのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事