NEW
連載
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

新型コロナ、「集団免疫」で医療崩壊を招く恐れ…感染初期、発熱がなくても強い「倦怠感」

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【完了】新型コロナ、「集団免疫」で医療崩壊を招く恐れ…感染初期、発熱がなくても強い「倦怠感」の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスがパンデミックと化し、欧州では爆発的ともいえるほど感染者、死亡者の増加が報じられている。そんななかでイギリス政府が打ち出した基本方針が「集団免疫」だった。英ボリス・ジョンソン首相は、人口の6割をウイルスに感染させて抗体を持たせることで集団免疫をつけ、事態を収束するとの目標を宣言した。しかし、この発言からわずか数日後の3月18日、イギリスは学校を一斉休校とした。

 当初の発表時、集団免疫に対してイギリス政府の誤った認識があったことは否めない。しかし、その誤りに気づき、感染拡大の防止へと方針変換を行ったことは政府として責任ある行動といえるだろう。

 ジョンソン首相が集団免疫について言及したあと、日本国内でも多くの情報番組で集団免疫について取り上げていたが、なかには誤った見解も見受けられた。

「60~70%の人が感染すると、ウイルスは行き場がなくなって収束していく」

 こういったコメントは、一般の人がわかるように砕いた表現なのかもしれないが、いささか疑問が残る。というのも、市中感染により60~70%の人が新型コロナウイルスに罹患したと想定すると、これまでの重症者、死亡者の増加から考えても、状況は収束どころか医療崩壊を招きかねないからだ。新型コロナウイルスの集団免疫による収束を目指すなら、ワクチンの存在が前提だろう。

 集団免疫を考えるときには、「基本再生産数」が重要となる。基本再生産数とは、1人の感染者から生じる二次感染者数をいう。たとえば、基本再生産数が5のウイルスがあると仮定すると、1人の感染者から5人に2次感染を引き起こす。だが、人口の80%がワクチン摂取により集団免疫を獲得していれば、1人の感染者から二次感染を起こすのは1人となる。さらに、ワクチン接種率が上がり集団免疫の獲得率が85%、90%となれば1人の感染者が生み出す2次感染者は1人以下となり、感染は広がらなくなっていく。基本再生算数が1以下になれば感染拡大は終息していく。このように、ワクチンがある前提であれば、集団免疫は有効な感染防止策となる。

【完了】新型コロナ、「集団免疫」で医療崩壊を招く恐れ…感染初期、発熱がなくても強い「倦怠感」の画像2

 だが、ウイルスにはポリオのように一度感染すれば「終生免疫」を取得して再度感染しないものと、RSウイルスのように二度、三度と感染を繰り返すものがある。さらに、ヘルペスウイルスのように一度感染すると体内から消えることなく、免疫力が低下した時に再燃して症状が出るものもある。

 現状では、まだ新型コロナウイルスの特性がすべてわかっているわけではない。また、感染者が増加し続けた先の状況は予測ができない。こういったことから、ワクチンがない現状で集団免疫を目指すことは非常に危険な方針であり、取るべきではない。今は、ワクチンまたは治療薬ができるまで感染拡大を限りなく抑えこんでいくことが大切である。

関連記事