NEW
連載
浜田和幸「日本人のサバイバルのために」

10年前から中国揚子江のコロナウイルス汚染水、日本海に流入していた可能性

文=浜田和幸/国際政治経済学者
新型ウイルス肺炎が世界で流行 中国がカンボジアに医療チーム派遣(写真:AFP/アフロ)

 中国武漢発の新型コロナウイルスが猛威を振るっている。感染者も死者の発生も収まる兆しが見えない。当初、発生源は海鮮市場で売られていた野生のコウモリやヘビではないかともいわれていたが、特定には至っていないようだ。武漢といえば揚子江で獲れる魚介類を扱う最大の拠点である。ところが、上流に建設された三峡ダムによって水流や堆積物が変化し、近年、多くの魚に異常が見られるようになった。

 2010年以降、揚子江(長江)産の魚介類をさばいたり、食した人たちが次々に体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ、何とコロナウイルスが検出されたのである。そのため、中国政府は揚子江で捕獲された魚介類350種の販売を禁止した。しかし、問題の海鮮市場ではそうした危険な魚や病原菌で汚染された水槽を相変わらず平気で使用していたようだ。

 要は、野生の動物の肉だけではなく、魚や水自体にも危険が潜んでいるというわけだ。いうまでもなく揚子江の水は東シナ海に注ぎ込み、太平洋にも日本海にもつながっている。中国は東日本大震災で発生した放射能汚染水が太平洋に流れ出ているため、日本近海で獲れた魚は危険性が高いので輸入しないといまだに厳しい制限を課している。しかし、中国国内の汚染水については対策を怠っているようだ。確かに、中国政府は揚子江の流域6300キロで捕獲される魚介類の販売を禁止しているが、その発生源となる三峡ダムの環境問題には正面から向き合おうとしていない。

 地球温暖化による水面の上昇や海洋プラスティック問題など、海の環境は悪化する一途をたどっている。昨年末の米「タイム」誌の表紙を飾ったグレタ・トゥーンベリさんはスウェーデン生まれの17歳。環境問題への対策を求めてダボス会議や国連の気候変動会議で演説を繰り返している。まさに「環境保護活動のスーパースター」的な存在で、その行動力や発言力は通常の17歳をはるかに上回る説得力を備えている。世界を駆け回り、環境問題の深刻さと待ったなしの対策を訴えている。移動には飛行機を使わず、列車と船に頼るという徹底ぶりである。そんな海を旅する彼女にとって「海や河川の汚染」は緊急の課題となっている。

 トランプ大統領は自分が狙っていた「タイム」誌の「1年の顔」を彼女に持っていかれたこともあってか、自身のツイッターで「グレタは自分の怒りっぽい性格を直すことに専念すべきだ。友達と楽しい映画を見に行くように勧めたい」と頓珍漢なコメントを載せている。「地球温暖化はフェークニュースだ」と公言する大統領にとって、環境問題は関心の領域ではないようだ。

関連記事