NEW
午堂登紀雄「Drivin’ Your Life」

コロナ自粛要請に従順に従って困窮しても、誰も責任は取ってくれない…「疑わない」の愚かさ

文=午堂登紀雄/米国公認会計士、エデュビジョン代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ自粛要請に従順に従って困窮しても、誰も責任は取ってくれない…「疑わない」の愚かさの画像1
「Getty Images」より

 6月30日、中国の全人代常務委員会は、香港の治安維持法案である国家安全法案を全会一致で可決し、香港基本法の付属文書に追加することを決定しました。これによって反政府的な活動は取締りの対象となり、中国本土で理不尽な裁判・処分が行われる可能性が高くなっています。つまり言論の自由、活動の自由が奪われ、チベット自治区や新疆ウイグル自治区とまではいかないまでも、人権侵害行為が国家によって行われることを意味します。

 一方、日本は基本的に民主主義、法治国家で、こうした蛮行にさらされるリスクは世界一小さい国のひとつだといえます。個人的には、中国にもっと強いメッセージを送るとともに主席の国賓招待は延期し、香港からのビザ発給条件を緩和し希望する人の移住を推進してもらいたいです。

 今回の新型コロナウイルスの感染予防でも、ロックダウンといった強制的な都市封鎖が行われないのも、人権が守られているからでもあるといえるでしょう。だからといって、これを対岸の火事と見過ごすのではなく、学びに変えるとしたら何が言えるでしょうか。

 ひとつは、権力に蹂躙されないよう、自分の頭で考え、自己責任で行動することが重要だということ。そして、そのために「国が言うこと、企業が言うこと、メディアや専門家が言うことすらいったん疑ってみる必要がある」と私は考えています。

 たとえば2011年3月、東日本大震災直後に起きた原発事故。政府と東京電力は当時、「メルトダウンではない」などと発表しましたが、私はあの爆発映像を見て「これはどう考えてもメルトダウンだ」と判断し、すぐに東南アジア旅行と称して海外に逃げました。そして2カ月後、東電は「あれはメルトダウンだった」と認めるに至ります。

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスについても、今年1月21日に私は「この患者の増え方は異常。確実にヒトヒト感染が起こっている。これから春節を迎えて中国人が異動するから感染は不可避」とツイッターでつぶやき、マスクなどを大量に買い込み自己隔離に入りました。

 WHO(世界保健機関)は当時、「ヒトヒト感染は起きていない」などと発言していましたから、私は「WHOは現実が見えてないし国際機関として機能していない」ともつぶやきました。

 これは「国家も企業も専門家も、保身のため、自分の都合のためにウソをつくことがある」という証左です。

 そういえばお隣の韓国では、政府が捏造したファンタジー歴史を信じています。一部で違う動きも出ていますが、多くの国民は「政府が言っていることはもしかしたら間違っているかもしれない」というクリティカルに物事を見ようとする発想すらありません。ここまで強固に刷り込まれてしまっている状況を目の当たりにすると、もはや気の毒としかいいようがないくらいです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ