NEW

IKEA、ネット上で絶賛されている商品5選…超熟睡できる枕、激安なのに癒される照明

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
IKEA、ネット上で絶賛されている商品5選…超熟睡できる枕、激安なのに癒される照明の画像1
IKEAの店舗

 北欧・スウェーデン生まれの世界的家具ブランド「IKEA」。2001年に日本への再進出を試み、02年に日本法人「イケア・ジャパン」を設立。06年に国内1号店を千葉県船橋市に出店して以降、日本でも親しまれるようになった。

 かつては郊外を中心に店舗を展開しており、都心で暮らすIKEAファンにとっては、そのアクセスの不便さがネックだったが、今年6月には国内初の都市型店舗「IKEA 原宿」をオープン。今冬には「IKEA 渋谷」のオープンを控えており、ますます身近な存在になってきている。

 1月10日に発表された第18期決算公告(2019年8月期)によると、純利益はマイナス8億5900万円と3期連続赤字が続いているようだが、今年の巣篭もり需要の増加や都市型店舗の導入は数字に影響してくるとみられ、その動向から目が離せない。

 IKEAがリーズナブルかつスタイリッシュな雑貨を豊富に取り揃えていることはご存じの通りで、この秋も“おうち時間”を彩ってくれる素敵なアイテムが目白押しだ。そこで今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」はIKEAの商品を独自にリサーチ。「この秋買うべきIKEAの商品」をピックアップした。ぜひお買い物の参考にしていただきたい。

ミョルククロッカ(枕)/2999円(税込、以下同)

IKEA、ネット上で絶賛されている商品5選…超熟睡できる枕、激安なのに癒される照明の画像2

 まず紹介したいのが、Twitterをきっかけに人気に火がついた枕、「ミョルククロッカ」だ。不眠と眠りの浅さに悩んでいたというTwitterユーザーがこの枕を使ってみたところ、「10時間ぶっ通しで熟睡」「夢の記憶なし」「寝起きスッキリ」という効果が得られ、睡眠の質が向上したとの報告があった。これはあくまで個人の感想だが、その効果を綴ったツイートが6月末に投稿されると、6万もの「いいね」を獲得。噂を聞いて買い求める人が店頭に押し寄せ、一時は各店舗で在庫切れが続出したという。

「ミョルククロッカ」は横向き、仰向けの姿勢で眠る人向けの枕で、形状記憶に優れているという商品。触ってみた感じは固めだが、手を置いて圧をかけるとその形通りにグッと沈み込んでくれるので、個人の首や肩の形状に合わせて枕がぴったりフィットするというわけだ。

 この枕は台形のようなフォルムをしているのだが、そこにこの商品の素晴らしさが詰まっている。というのも、表面積が小さい面を上にして仰向けで寝ると、傾斜面が首回りにフィットし、表面積が大きい面を上にして横向きで寝ると、肩が傾斜面の隙間に収まり、ストレスなく眠ることができるのだ。公式サイトには45件のレビューがついており、星4.0という高評価を記録。睡眠に悩みがある方は、一度試してみる価値があるだろう。

ステルナ(ガラス製マグカップ)/79円

IKEA、ネット上で絶賛されている商品5選…超熟睡できる枕、激安なのに癒される照明の画像3

 一人暮らしをしていると、マグカップなどの飲料容器は必要最低限の数しか揃えなくなりがちだ。しかし、つい洗い物を溜めてしまった時などは、洗うまでの間に使える予備が入り用になるもの。そんな時におすすめしたいのが、IKEAの「ステルナ」の複数買いだ。

「ステルナ」は1個79円という驚愕の価格設定でありながら、耐久性、耐衝撃性に優れた強化ガラス製のマグカップ。さらに、耐熱性も兼ね備えているのでホット飲料を飲む際にも使え、電子レンジ・食器洗い乾燥機にも対応しているのだ。