NEW

ファミマ、今夏の“がっかりな”5品…「ファミチキ」や「達人監修つくね」喧伝が逆効果に

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【完了】ファミマ、今夏のがっかりな5品…「ファミチキ」や「達人監修つくね」喧伝が逆効果にの画像1
ファミリーマートの店舗

 国内に1万6637店舗(エリア・フランチャイズ店含む)を展開するファミリーマート。2021年5月度の営業実績では、売上高が前年同月比107.9%と上昇傾向にあり、コロナ禍での落ち込みからは抜け出せそうな気配である。

 ファミマセブン-イレブン、ローソンと並ぶ“コンビニ御三家”の一角を担っているが、近年のコンビニ飯は非常に高クオリティであるとして評判だ。毎シーズン魅力的な新商品が発売され続けているのも、コンビニ御三家のライバル競争があってこそだろう。

 さて、基本的にファミマの食品も美味なものばかりだが、なかにはがっかりするような商品もある。そこで今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が、「この夏、買ってはいけないファミマ商品5選」をセレクトした。今後、ファミマを利用する際の参考にしていただけたら幸いである。

ファミチキ カラムーチョ味/220円(税込、以下同)

【完了】ファミマ、今夏のがっかりな5品…「ファミチキ」や「達人監修つくね」喧伝が逆効果にの画像2

 菓子メーカーとして有名な湖池屋が監修し、人気スナック菓子の「カラムーチョ」とファミマの看板商品「ファミチキ」がコラボした「ファミチキ カラムーチョ味」。

「カラムーチョ」も「ファミチキ」も長年人気を維持している大ヒット商品のため、そのコラボと聞いて期待は高まったが、実際に食べてみると肩透かしを食らう商品だった。

 表面にところどころあしらわれているポテトスティックは存在感が薄く、じゃがいもの香りなどはほとんど感じられなかった。ポテトスナックの食感を出すことが狙いのようだが、もともとの衣と一体化しており、ポテトスティックが散りばめられているメリットはとても薄い気がしてならない。

 また、確かに多少は「カラムーチョ」らしいピリ辛味はあるが、それが「カラムーチョ」特有の辛さなのかどうかも曖昧。「カラムーチョ」とコラボした「ファミチキ」というよりは、ただちょっと辛いだけの「ファミチキ」という印象だった。

 前述したように、ジャガイモの風味があまりないのが、「カラムーチョ」感をあまり感じられない要因だろう。決して不味いわけではないため、ちょい辛の「ファミチキ」を食べたいという方にはおすすめかもしれない。

冷たいダブル半熟玉子辛すぎラー油そば/598円

【完了】ファミマ、今夏のがっかりな5品…「ファミチキ」や「達人監修つくね」喧伝が逆効果にの画像3

 東京・虎ノ門に店を構えていた立ち食い蕎麦の名店「港屋」。そんな「港屋」の店主とファミマが共同開発して生まれたのが、この「冷たいダブル半熟玉子辛すぎラー油そば」だ。

 名店とのコラボということで、否応なしに味へのハードルが上がってしまうが、それが逆効果になっている気がしてならない。

 そば粉入りの中華麺を使用しているとのことだが、麺の色味の濃さに反して蕎麦の香りは薄い。また、確かに辛口ではあるのだが、正直“辛すぎ”と謳うほどではなく、激辛を期待して購入した辛いもの好きの猛者たちからは不評を買いそうだ。そして生のすりおろしニンニクが大量に入っているため、ビジネスパーソンの朝食やランチには適さないだろう。

 パッケージが期待を煽るだけに残念に思えてしまうが、細かいことは気にせずに、とにかく麺類をガッツリ食べたいという方にはアリかもしれない。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合