NEW

吉野家・すき家・松屋、今夏の絶賛商品5選!SUKIMIXが高評価、新食感のヘルシー牛丼も

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

吉野家・すき家・松屋、今夏の絶賛商品5選!SUKIMIXが高評価、新食感のヘルシー牛丼もの画像1
吉野家の店舗

 ランチをササッと済ませたい場合などにうってつけの牛丼チェーン。大手3社の「吉野家」「すき家」「松屋」は新型コロナウイルスが流行して以降、減少したイートイン需要の穴埋めをすべく企業努力を重ねている。

 しかし、各社の連結決算を見ると、吉野家ホールディングス(2020年3月~21年2月)の赤字は75億300万円、松屋フーズホールディングス(20年4月~21年3月)の赤字は23億7600万円に。すき家を展開するゼンショーホールディングス(20年4月~21年3月)は22億5900万円の黒字を記録するも、前年同期と比べるとマイナス80%以上の数字だ。

 そんな時世にも負けじと、各チェーンは積極的に季節の新商品を発表し、それぞれおいしいメニューを展開している。今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が大手3チェーンの商品を独自にリサーチした「この夏、買うべき3大牛丼チェーンの商品」5品を紹介したい(価格は税込み)。

吉野家/ねぎ塩豚丼(並盛)/505円

 はじめにご紹介するのは、今年5月13日に新発売された吉野家の「ねぎ塩豚丼」。吉野家自慢の豚肉に特製ねぎ塩だれを合わせて焼き上げた逸品だ。“かぼす胡椒”を加えることで、さわやかな香りが広がるとのこと。夏の定番商品で、暑い日にこそ食べたくなりそうだ。

吉野家・すき家・松屋、今夏の絶賛商品5選!SUKIMIXが高評価、新食感のヘルシー牛丼もの画像2

 SNS上では「ねぎ塩のさっぱりとしたしょっぱさが夏らしい!」と好評。他にも、「豚肉が香ばしくて食べ応え◎」といった吉野家の豚肉を賞賛する声も。

 実食してみると、はじめに感動を覚えたのは食感だった。やわらかい豚肉にシャキシャキした玉ねぎが合わさっていて、とても美味。“かぼす胡椒”の存在もしっかり感じられ、口のなかに香る。夏らしくてさっぱりした味わいの新商品「ねぎ塩豚丼」は、この季節のイチオシ商品と言えるだろう。

吉野家/タルタル南蛮から揚げ丼(並盛)/613円

 続いては、同じく吉野家の「タルタル南蛮から揚げ丼」。こちらは一部の店舗限定で販売されている。大きめサイズのから揚げを吉野家特製のたれに漬け込み、さらにタルタルソースをかけた商品だ。

吉野家・すき家・松屋、今夏の絶賛商品5選!SUKIMIXが高評価、新食感のヘルシー牛丼もの画像3

 揚げたてにこだわっているため、注文からでき上がりまで10分程度の時間を要するこちら。好評の声は多く、「転がしたくなるくらい一個一個がデカい」「かりっ、さくっ、と噛めて、なかはやわらかくジューシー」「下味がしっかりしてて、酸味も効いてる」「タルタルと甘酢が絶妙な相性でめちゃうまい」など、食感から味まで絶賛の声が多数。

 評判の真偽を確かめるべく実食すると、少し焦げ目のある衣がさっそく香ばしい。そして、揚げたての鶏肉の食感はカリっとしていて中身はジューシー。肝心の味は、甘辛のタレとタルタルソースとの相性が想像以上に良くて美味。注意すべきは、販売していない店舗もある点だろう。来店する前に、あらかじめ確認しておいたほうがいいかもしれない。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合