NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

眞子さま、小室さんに「ほれこみ・病膏肓」状態の可能性…結婚で懸念される幻滅と不安要因

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

眞子さま、小室さんに「ほれこみ・病膏肓」状態の可能性…結婚で懸念される幻滅と不安要因の画像1
宮内庁のHPより

 秋篠宮家の長女、眞子さまが婚約内定者である小室圭さんと年内に結婚される方向で調整が進められていると、9月1日、報じられた。秋篠宮さまは、小室さんの母親、佳代さんの金銭トラブルに関する一連の報道を受け、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ婚約の儀式は行えないとの考えを示されてきた。だが、現状では、必ずしも多くの国民が祝福する状況にはなっていない。そのためだろうか、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されているという。

 一方、今年4月、小室さんが文書を発表したあと、代理人の弁護士が「いわゆる解決金を元婚約者にお渡しする形で解決したい」という意向を示していたが、佳代さんの元婚約者の代理人は、9月1日に応じた取材で「解決金の提案のあと、説明をいまだ受けていない」と話している。

眞子さまの「恋の病」は「病膏肓に入る」状態

 こうした経緯から感じるのは、眞子さまの「ほれこみ」が非常に強く、「病膏肓に入る」といっても過言ではないということだ。もっとも、昔から「恋の病に薬なし」「お医者さまでも草津の湯でもほれた病は治りゃせぬ」という言葉があるほどなので、それだけ「恋の病」は重くなりやすいということだろう。

「ほれこみ」とは、フロイトによれば対象の過大評価である。恋愛対象を理想化するあまり、批判力を失い、欠点が見えなくなる。「あばたもえくぼ」という言葉があるが、まさにその状態にほかならない。

「ほれこみ」の状態に陥ると、しばしば無批判になり、相手に従属するようになる。フロイトによれば、その点では催眠術に似ているという。恋愛の場合は恋愛対象、催眠術の場合は催眠術師に従属するわけである。

 しかも、一般に恋の炎は障害が大きいほど燃え上がる。だから、小室さんの母親の金銭トラブルで批判が殺到したことも、結婚に関する行事が延期されたことも、アメリカと日本に引き離された状態が続いたことも、眞子さまの恋の炎を燃え立たせただけだったのかもしれない。実際、「(小室さんに)とにかく会いたい」というのが、眞子さまの口癖のようになっていて、お気持ちが不安定な日があったという報道もある。

「こんなはずではなかった」という幻滅が待っている可能性も

 ここまでほれこんで結婚なさるのだから、なんとしても幸せになっていただきたいと思う。しかし、同時に、「ほれこみ」の状態から覚めたとき、幻滅が待っているのではないかという一抹の危惧も抱かずにはいられない。なにしろ、お2人は3年以上直接会っておらず、相手の“アラ”が見えない状態が続いていた。その分、理想化に拍車がかかった可能性も十分考えられる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合